「家族はつらいよ」感想-みんなが笑顔に

こんちには。
今日は先日公開「家族はつらいよ」の紹介です。


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/3/12
  • 上映時間:108分
  • 監督:山田洋次
  • 出演:橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、中嶋朋子、林家正蔵、妻夫木聡、蒼井優他
  • 概要:平田周造(橋爪功)は妻の富子(吉行和子)に今日が富子の誕生日だと知らされる。周造は欲しいものがあれば言ってみろと言うが、出てきたのは離婚届だった…

評価:7/10
オススメ:みなさん

東京家族では温かい家族の愛を描いていました。
しかし、本作はメインキャストはそのままに、離婚騒動を見事に喜劇に変えてしまった山田洋次監督は
なお、東京家族と話の繋がりは一切ないので本作だけで楽しめます(ただ、観てると対比する楽しみは増えます)。
でも、家族の愛を描くのは全く一緒でした。

※以下ネタバレ

スポンサーリンク

正直、今回語りたいこと多すぎます。
なので、話の内容自体はあえて語りません(長くなるから)。
ここでは個人的にツボだった部分だけをセレクトしてみました。

東京家族家族はつらいよ

今回はメインキャストが全く同じで全く別物の作品を作っているという意欲作です。
東京家族の時と家族はつらいよのキャラクターを簡単に比較してみます。

(東京家族→家族はつらいよ 「」の中は性格)
橋爪功:平山周吉「典型的な頑固親父」→平田周造「典型的な頑固親父」
吉行和子:平山とみこ「優しく理解のある母」→平田富子「優しい母(ただし、周造に対する我慢の限界で離婚したいと言い出す)」
西村雅彦:平山幸一「町のお医者さん。理解があるいい長男」→平田幸之助「典型的な頑固親父。亭主関白。いざという時頼りにならないダメ長男」
夏川結衣:平田文子「長男の奥さん。しっかり者」→平田史枝「長男の奥さん。しっかり者」
中嶋朋子:金井滋子「平山家長女。美容室を経営。」→金井成子「平田家長女。税理士事務所をやっている。」
林家正蔵:金井庫造「長女の旦那。」→
妻夫木聡:平山昌次「平山家次男。舞台美術をやっている。」→平田庄太「平田家次男。ピアノの音の調整師をやっている。」
蒼井優:間宮紀子「書店員。天使。」→間宮憲子「看護師。天使。

名前が大体一文字弄っただけっていう遊び心は東京家族観た人には嬉しいですね。
性格については西村雅彦以外あまり変わってないですよね。彼一人だけ180度違うキャラで面白いです。
あと、中嶋朋子と林家正蔵の夫婦も東京家族は上手くやってるのに、家族はつらいよではケンカばかりになってます。
妻夫木聡は…はい(ぇ
今回は橋爪功が本当に凄い。
東京家族では気難しい頑固親父を演じていました。家族はつらいよでは似たようなステレオタイプみたいな頑固親父なんですが、それをコミカルに演じていて滑稽極まりない出来上がりでした。笑った。

クズ探偵と女将さん

泰蔵が周造と合って即飲みに行く流れもそのまま東京家族ですよね。
ただ、二人のやり取りのシーンは東京家族では皆無だったのに家族はつらいよではしっかり描かれてます。
周造は行きつけの居酒屋に連れて行くのですが、そこはかよ(風吹ジュン)という女将が経営する居酒屋…東京家族まんまじゃん!(風吹ジュン込で)
東京家族と観てると周造とかよのやり取りはほとんど同じなのに家族はつらいよでは泰蔵に不倫と思われるもうねwww

その話を聞いた成子は泰蔵に探偵に調査させるように言います。
ここで出てくるのが胡散臭い探偵の沼田。演じるのは小林稔侍。あれ、なんか既視感が…
沼田は早速かよのいる居酒屋に行くのですが、服装がベタな探偵風、カメラカシャカシャ言ってるし(そもそもケータイのカメラ使うなw)ICレコーダーカウンターに堂々と置いてるし、本当に大丈夫なのかよ。

で、案の定周造にバレる…かと思ったら、周造と沼田高校時代の親友だった。うん、知ってた。
かよ、沼田、周造の並びが完全に東京家族です本当にry
探偵の仕事を忘れて楽しく呑む沼田…
沼田はおごりで酒を頂いた上に依頼料まで取ってるという本当クソみたいな探偵だったw

日本の孫

日本の孫というよくわからないキャッチフレーズでお馴染み徳永ゆうきも登場。
寅さんのテーマソング歌いながら陽気に走るうなぎ屋の配達員をやってます。
彼、この映画のためにわざわざ免許を取ったとか…あれだけの出番なこと考えると地味に凄い。

満を持して師匠登場

終盤には鶴瓶師匠も出てきます!(実は観る前自分が知らなかっただけで結構宣伝されてた…お恥ずかしい)
成子「落語家みたいな医者で、ハズレだったわ」
幸之助「しょうがないよ、日曜日なんだから(以下略」
俺(絶対落語家みたいな医者って絶対鶴瓶やん…)

医者登場
鶴瓶師匠キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

このシーンだけで5億点あげたい。わかってても笑ってしまいました。
しかも台詞が医者のそれじゃなくて、ただの病人に気を使う鶴瓶でした。
色々イメージくずれるからやめろwww
「葬儀はちーっとはやいですね」だ ま れ
↑全部褒めてます…多分
(ちなみに、「ディア・ドクター」では普通に医者の役をやってます)

 

個人的ツボはこのあたりですね。
東京家族と話は全く繋がっていないのですが、東京家族のあったかもしれない世界線と考えるとより楽しめます。
東京家族を知らなくてももちろん喜劇として笑える楽しい映画です。
ただのネタ解説みたいになってしまいましたが、離婚騒動を軸に家族愛とは何なのかを東京家族とは全く異なる視点から描く作品になっています。
とりあえず観て、笑って。心が暖かくなる実にいい映画です。

オマケ(小ネタ)

今回、東京家族と家族はつらいよ比べて超個人的に楽しかったのが携帯です。
東京家族ではみんなガラケーなのが、今回はスマホに変わってる人がいましたね。
成子が最新のAQUOS Xx 2 mini(ピンク)、
庄太が青の303SH、信介が水色のみまもりケータイ3、
周造は401PMか、301P、103Pあたりですね(シルバーっぽかったから301Pではないかも)。
あと、誰かDIGNO使ってたな…

それから、露骨ですが、男はつらいよのDVDが置いてたり、
東京家族のポスターが貼ってたりといった小ネタもたくさんあるので探してみてください。
あと、「小さいおうち」ネタも出てきます(これだけが難度高い)

東京家族 Blu-ray 東京家族 Blu-ray

松竹 2013-07-06
売り上げランキング : 47139

Amazonで詳しく見る by G-Tools

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA