「ダンケルク」感想―極限状態

こんにちは。

余談ですが9月に大阪で開催された「映画ファンの集い」に参加してきました。
知らない方にざっくり説明すると毎月東京で行われている映画系オフ会ではおそらく日本一の規模を誇るやつです。
そんな映画ファンの集い人生初参加です。3年東京にいたのに。詳しくは話脱線しちゃうからTwitterとか見てね!

で、やっぱり話題だったのが「ダンケルク」です。
大阪はレーザーIMAXのお膝元とあって参加者の方でもかなりの方がレーザーIMAXで観てました。
中には2ケルク3ケルクしてる方も(表現に対しツッコんではいけない)

そんな本作をご紹介。何気に映画のレビュー記事は約3ヶ月ぶりですかそうですか…


  • 原題:DUNKIRK
  • 製作年:2017
  • 公開日:2017/9/9
  • 上映時間:106分
  • 監督:クリストファー・ノーラン
  • 出演:フィオン・ホワイトヘッド、ハリー・スタイルズ、ケネス・ブラナー、キリアン・マーフィー、マーク・ライランス、トム・ハーディ
  • 概要:99分間ずっと緊迫状態。

評価:10/10
オススメ:最近ドキドキが足りない現代人

本当にこの映画はすごいんですよ。

まぁ致命的な欠点を抱え込んでいましたけど、そこは少なくとも私の観た環境では問題なかったので個人の点数としては満点。ということで。

あと「インセプション」、「インターステラー」と既に好きだったクリストファー・ノーラン監督のことますます好きになりました。「ダークナイト」シリーズも観ないとな…

※以下ネタバレ注意。でもぶっちゃけ作品自体にネタバレというネタバレがあまり無いかも…

続きを読む →

スポンサーリンク

「破門 ふたりのヤクビョーガミ」感想―僕も北川景子のいとこになりたい

こんにちは。

今日は「破門 ふたりのヤクビョーガミ」の紹介です。
同週に公開された「キセキ」や「ドクター・ストレンジ」にすっかり話題を持っていかれて完全空気ですね…

でもダメ人間、クズ人間好きな人は観た方がいいと思うんです!
だからタイトルのことは気にしてはいけない。


  • 製作年:2017
  • 公開日:2017/1/28
  • 上映時間:120分
  • 監督:小林聖太郎
  • 出演:佐々木蔵之介、横山裕、北川景子、橋本マナミ、キムラ緑子、宇崎竜童、國村隼、橋爪功他
  • 概要:二宮啓之(横山裕)はサバキと呼ばれる建設現場での暴力団対策をやって収入を得ていた。その仕事がきっかけで知り合った二蝶会のイケイケヤクザ・桑原保彦(佐々木蔵之介)と知り合ってからトラブル続き。桑原は二宮にとっての疫病神である。
    ある日二宮の元に映画の出資の話がやってくる。二宮にとっての父親代わりで桑原のいる二蝶会の若頭・嶋田(國村隼)にその話を紹介し、出資してもらう。
    しかし、映画プロデューサーの小清水(橋爪功)は資金を持って消えてしまう。桑原は資金を取り戻すため二宮を連れて小清水を追いかけるのだったが…

評価:8/10
オススメ:クズ人間、ダメ人間好きな人、北川景子のファン

「GANTZ:O」もそうだったけど、こういう大阪リスペクトな映画もっと増えて欲しいね。(結構大阪の扱い雑な作品多いからね…)

佐々木蔵之介が今までやってきた役が何だったのか思い出せなくなる位のインパクト強い、それでいてドハマリなヤクザを好演。
横山裕も見た目に似合う冴えないぐーたら男を演じています。

そして映画プロデューサーを演じる橋爪功がとにかく凄い。「家族はつらいよ」で演じた滑稽なリアル老人も最高でしたけど、それを超えてきましたね。
このクズPがとにかくクズすぎて素晴らしい活躍ぶりを見せます。

でもね、やっぱ自然な関西弁を話す北川景子尊い、それに尽きる。

※微妙にネタバレ

続きを読む →

「湯を沸かすほどの熱い愛」感想―溢れる愛に涙が止まらない

泣いた。ボロボロ泣いた。
映画でこんなに泣くとは思わなかった。

今日は「湯を沸かすほどの熱い愛」を紹介。


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/10/29
  • 上映時間:125分
  • 監督:中野量太
  • 出演:宮沢りえ、杉咲花、篠原ゆき子、駿河太郎、伊東蒼、松坂桃李、オダギリジョー他
  • 概要:銭湯を営む幸野家だったが、父の一浩(オダギリジョー)が蒸発し、休業状態。母の双葉は持ち前の明るさでパートをしながら娘の安澄(杉咲花)を育てていた。しかし、ある日双葉が末期がんで余命を宣告される。そこから双葉は「絶対にやっておくべきこと」を決め実行に移していく…

評価:11/10
オススメ:全員いいから今すぐ観ろ

今年の映画No.1は本作です。
(残りの日付から目を反らしつつ)

ぶっちゃけ、最初あまり魅力的には感じなかったのです。
だってまずポスターが地味だし、余命を申告された母親が~ってうっすいお涙ちょうだいモノにしか見えなかったですもん。
今はそんな自分を殴り飛ばしたいです。

宮沢りえをはじめとしたキャスト陣も素晴らしいです。
杉咲花は繊細ででも数々の困難に立ち向かう学生を演じています。
オダギリジョーは「奇跡」や「舟を編む」の感じの彼が好きなら絶対本作の彼も好きになれます。冒頭不倫して蒸発してるんだけど。
松坂桃李君も出る映画にはなかなか傑作と呼べるものがなかったので本当によかった…(「ガッチャマン」の闇に触れるのはやめよう)

中盤までに出てくる細かいネタが後半全部生きてくる脚本もとにかく秀逸。
詳しくはネタバレ部で語りますが、まぁ、本当に何気ないシーンが全部生かされてくるの本当に凄いから。

ちなみに観る前に篠原ゆき子が演じる役名知らないと他の方より一度多く驚けるので、ホームページとか極力見ない方がお得です。

※一人でも多くあの感動を味わって欲しいからこそあえて詳しくは語りません

続きを読む →

「うつくしいひと」感想-在りし日の記憶

今日は「うつくしいひと」を紹介します。


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/3/4
  • 上映時間:40分
  • 監督:行定勲
  • 出演:橋本愛、姜尚中、米村亮太朗、高良健吾、石田えり他
  • 概要:問屋街の二階にある探偵事務所の玉屋末吉(高良健吾)の元にある日、依頼人が現れる。それは熊本県を揺るがしかねない事件だった。一方、大学生の透子(橋本愛)がアルバイトをしている喫茶店兼本屋に黒いコートの男性(姜尚中)が現れる…

評価:8/10(甘めです)
オススメ:今、日本人が観るべき映画

元々熊本県出身の行定勲を中心に作成された純粋な熊本県のPR映画です。
そう、制作当時は熊本地震が起こるなんて誰も想像してなかったわけです。
映画が完成したのは2016年、作中の映像は2015年に撮影されたもので、まさに最近まで熊本に「あった」自然や建物が映っているのです。

本作の鑑賞料金1,000円は映画の製作委員会を経由して、熊本県に寄付されるとのこと。
熊本に寄付した上に、実質タダで映画まで観れてしまうんだぜ。なんというサプライズ。

話自体は実にシンプルなのですが、個人的には懐かしさとか相まってなんとも言えない気持ちです。
熊本と浅からぬ縁があるわけなので、それなりに細かいネタもツッコんでいきます。

なお今回も橋本愛がかわいいので、それだけで観る価値は十二分でしょう。

※以下、完全ネタバレ

続きを読む →

「海よりもまだ深く」感想-なりたいものになれなかった大人達へ

今日は「海よりもまだ深く」を紹介します。


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/5/21
  • 上映時間:117分
  • 監督:是枝裕和
  • 出演:阿部寛、真木よう子、小林聡美、リリー・フランキー、池松壮亮、吉澤太陽、橋爪功、樹木希林
  • 概要:特に何も起きません。

評価:9/10
オススメ:大人全員

超個人的に大好きな是枝裕和監督最新作です。

過去の監督作「歩いても歩いても」、「奇跡」に似ていると言われてますが、まさにその系譜で作っているのだと思います。
実際離れ離れになった家族の話なんですものね。

タイトルが独特ながらも、覚えにくさもありますが、「歩いても歩いても」と同じくある曲の歌詞から取っているものです。
(具体的な曲名は後半で)
なお、「海未よりもまだ深く」って変換するグーグル検索は無能。

今回も安定の「何も起きない」っぷりが炸裂しています。
物語的には本当に特に何も起きない、でも日常系の退屈さは一切無く、間延びせず、本当にどうしてこんな面白いのが作れるのかが不思議な監督です。

※以下ネタバレ?注意

続きを読む →