「デスノート Light up the NEW world」感想―ツッコミオンパレード

さぁ、当ブログでもいよいよ「デスノート Light up the NEW world」をご紹介する時が来てしまったようです。
「MONSTERZ」や「バトルシップ」といった映画大好きのク◯映画フリーカーとしては観る前から酷評な本作は楽しみだったのですが…
想像以上に普通の映画でガッカリしました。狂気が足りない。


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/10/29
  • 上映時間:135分
  • 監督:佐藤信介
  • 出演:東出昌大、池松壮亮、菅田将暉、戸田恵梨香、川栄李奈、藤井美菜、船越英一郎、中村獅童(声)、沢城みゆき(声)、藤原竜也、松山ケンイチ他
  • 概要:デスノートでとにかく人をぶっ◯すだけの痛快ストーリー

評価:0/10
オススメ:気になった人だけ観るがよろし

※0点はバカ映画に贈られる評価で、個人的なお気に入り度は9点と同等かそれ以上です。

中盤までは割りと私好みの脳筋ストーリー展開で楽しかったのですが、後半のアレの大量投入あたりから雲行きが怪しくなり、ラストはもう…
でも、なんだかんだで楽しかったのでバカ映画認定します。

で、上記の通りラストが酷くて本作を擁護する気は無いのですが、よく本作を非難している人達が言っている

「デスノート6冊って変な設定を作るな」
「『L change the WorLd』が無かったことにされてる」

に関してはこれだけ言わせて欲しい。

お前らは本当に原作や前作までの映画を見ていたのか?

※以下ラスト含めてネタバレ
※ストーリー解説は一切なく、ただただツッコミの応酬です

続きを読む →

スポンサーリンク

「名探偵コナン 純黒の悪夢」感想- (ジンにとっての)悪夢

今日は「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」の紹介です。

実は映画館でコナンを観るのは実は初めてです。金曜ロードショーでは度々お世話になっているのですが。
実際に映画を観る前に少しだけ評判を見ていたのですが、

「ジンニキ(ニキは「兄貴」の略のネットスラング)の新たなる黒歴史」
「歴代コナン映画史上最も中身の無いストーリー」
「名探偵なのに推理しない!」

等と言われたい放題ですね^^;


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/4/16
  • 上映時間:112分
  • 監督:静野孔文
  • 声の出演:高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、茶風林、緒方賢一、岩井由紀子、高木渉、大谷育江、林原めぐみ、池田秀一、古谷徹、天海祐希他
  • 概要:日本警察にスパイが潜入した。狙われたのは世界中の組織の機密情報。安室透率いる公安が駆けつけたところ、スパイは逃走する。

評価:8/10
オススメ:全国のコナンファン

あのあの・・・普通に面白いんですけど。
まぁ、実際Yahoo!映画ぴあ映画生活Filmarks映画ファンの割合が多いKINENOTEですらも割と高評価ですけどね。

今回はみんな大好き黒の組織とその関係者総出演です。
そこら辺の人物関係がわかってないとノレない可能性はありますが、ここ2,3年劇場版以外のアニメ観てなかった自分ですら知ってる人物しか出てないから全然問題ないです。
(万が一安室透を知らない方は公式サイト等で予習を。安室透は登場人物の中では一番新しい方だけど、さすがにキャンティや水無玲奈知らない方はそもそも観ませんよね?というか彼女達出てからもう10年以上は経ってないか;;;時の流れは早い…)

本作はとにかくアクション全開なのがいいです。
なんかワイルド・スピードやミッション・インポッシブルあたりのノリをやりたかった感じがプンプンしますが、実際そんな感じなので楽しいです。

子供でもわかるわかりやすいストーリーがいいですね。ストーリーが無かったわけではありません。(ここ大事)
まぁ、推理的要素が一切無かったのは事実ですが。

本作は「色」がキーワードになっています。
最後はちょっといい話です。

※以下ネタバレ解説

続きを読む →

「追憶の森」感想-スピチュアル・ミステリー

今日は「追憶の森」の紹介です。


  • 原題:THE SEA OF TREES
  • 製作年:2015
  • 公開日:2016/4/29
  • 上映時間:111分
  • 監督:ガス・ヴァン・サント
  • 出演:マシュー・マコノヒー、渡辺謙、ナオミ・ワッツ他
  • 概要:富士の樹海に自殺に来たアーサー(マシュー・マコノヒー)は森の中でタクミ(渡辺謙)と出会う。タクミを放っておくことができず助けようとするアーサーだったが…

評価:7/10
オススメ:日々色々後悔してる人

この映画、本当に観て欲しいとしか言いようが無いすごさです。

実際中身は男二人が富士の樹海を彷徨ってるだけという正直絵ヅラが酷く地味なのですが、「ミステリー」ですからね。
そんな彼らの行動すべてが最後に大きな感動となって還ってくるストーリーが素晴らしいです。

※以下ほぼネタバレ無し解説

続きを読む →

「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」感想-ゆきあつ。

今日は「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」の紹介をする前に一つ。

重大なネタバレしてしまって大変申し訳ございません!

「えっ、どこがネタバレなの?」って疑問に思った方はおそらく大丈夫なので、このまま紹介させてください。
「おい、そういうことかよ!どうしてくれるんだよ!」って思った方もとりあえず解説させてください。ね。
だって言わずにはいられなかった…


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/4/29
  • 上映時間:109分
  • 監督:金子修一
  • 出演:野村萬斎、宮迫博之、安田章大、杉咲花、木村文乃、ちすん、梶原善、風間杜夫、高畑淳子他
  • 概要:物や場所に残った記憶、それが残留思念。仙石和彦(野村萬斎)はその残留思念を読み取ることができる特殊能力を持っていた。一時期はお笑いコンビ「マイティーズ」を組み、その能力を芸として活かしていたが、コンビ解散後は引きこもり生活を送っていた。一方、元相方の丸山竜二(宮迫博之)は解散後ピン芸人として活動するも鳴かず飛ばずだった。ある日丸山のいる事務所に秋山亜美(杉咲花)という女子高生が「人を探して欲しい」と訪れてきて…

評価:6/10
オススメ:古沢良太ファン、新しい野村萬斎が観たい方、アニメオタクな方

本作の主演は「陰陽師」、「のぼうの城」でおなじみ野村萬斎です。
彼の演技は誰が見てもインパクトのある演技で有名ですね。
そんな彼がラノベにいそうなヘタレ系引きこもり(ちゃんと理由はありますがそのあたりは後述)主人公を演じてるだけで本作には価値があると思います。

あまり推理的な要素で言えば若干薄いのですが、話の展開は上手く引き込んできます。
何より原作のないオリジナル作品なので、色々考えながら楽しめます。話の流れ自体を推理するのは楽しいですし。

まぁ、タイトルにも書いた件で色々台無しすぎるんだけど。
逆にタイトルの意味がわかり、ヘタレ引きこもり主人公とどっちかというとアニメオタクに全力で勧めるべき映画なのではないのでしょうか。

※以下途中までは微ネタバレ
※後半の重大なネタバレは改めて警告入れてますので、途中までは読んでも大丈夫です

続きを読む →

「僕だけがいない街」感想-面白かった(納得したとは言ってない)

今日は「僕だけがいない街」を紹介するよ!


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/3/19
  • 上映時間:120分
  • 監督:平川雄一朗
  • 出演:藤原竜也、有村架純、鈴木梨央、中川翼、林遣都、及川光博、杉本哲太、石田ゆり子他
  • 概要:藤沼悟(藤原竜也)は売れない漫画家。彼には「再上映(リバイバル)」という現象が起こり、原因を解決しないと時間が進まないという他の人間とは違うところがあった…


評価:6/10
(面白かった、けど…)
オススメ:藤原竜也が好きな人集まれ!

みんな大好き!というか私が大好き!ワーナー×藤原竜也映画だよ!
過去に「デスノート」、「藁の楯」、「MONSTERZ」、「るろうに剣心」と数々の名作から迷作まで生み出し続けるワーナー×藤原竜也映画。
記録ではなく記憶に残る映画を作り続けています。
(全く記憶に残らなかった点で「インシテミル」が一番の駄作なんですが、話が脱線してしまうため割愛)

ちなみに、北海道からの人から非難轟々な北海道弁については語りませんのであしからず。
(関西人ですから、私)
あと、フォントの事で騒ぐ方々がいますが、そこら辺も私はよくわからないのでスルーします。

※以下、ネタバレ

続きを読む →