「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」感想―展開がわかるからこそ泣ける

今日は「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」のご紹介。
最初に結論から言うとポッピンQ」より絶対こっちの方観ようぜ。
※あくまでも個人的な感想です


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/12/17
  • 上映時間:110分
  • 監督:三木孝浩
  • 出演:福士蒼汰、小松菜奈、山田裕貴、清原果耶、東出昌大、大鷹明良、宮崎美子他
  • 概要:大学生の南山高寿(福士蒼汰)は通学の電車で福寿愛美(小松菜奈)に一目惚れし、声をかける。駅で会話を交わした2人。別れる際に高寿は「また会える?」と聞いたところ、愛美は突然涙した―。

評価:9/10
オススメ:カップルだけの映画じゃない!みんなにオススメ!

いやぁ、2016年はこれでもかというぐらい名作が出てきましたが、本作もその一つではないでしょうか。
2016年最後に観た映画は迷作でしたけど。

監督は「ソラニン」、「アオハライド」等の良質な音楽映画、青春映画を作り続ける三木孝浩監督
実は三木監督作品は「くちびるに歌を」、「青空エール」と2作連続で見損ねてたので久々の三木監督作品となります。
(2作品とも評価高いから観ないと…!)

原作者は七月隆文。あれ、どこかで聞いたことある名前だと思ったら、「俺がお嬢様学校に『庶民サンプル』としてゲッツされた件」の原作者でもありました。
多分映画ファンには聞いたことも無いタイトルでしょうが、以前放送されていた深夜アニメです。

※どんな内容かはこのPV観てお察しください。でも結構他のテンプレートラノベと比べると内容は詰まってます。

まぁそんなわけで、ライトノベル作家の方がいきなりリア充向けな作品を書いて、ヒットし、さらに三木孝浩監督で映像化ですよ…住む世界が変わり過ぎというか。

まぁ、とりあえずそういうところもあって期待半分不安半分で観ましたよ。

※いつも以上にネタバレです

続きを読む →

「キャロル」感想-純粋な愛の物語

こんにちは。
マネー・ショート」の記事がやっと完成したことで今回ようやく「キャロルを語ることができます。

最初に一言言うなら、こんなくだらないレビュー読む前に今すぐ本作を観るべきだ。


  • 原題:CAROL
  • 製作年:2015
  • 公開日:2016/2/11
  • 上映時間:118分
  • 監督:トッド・ヘインズ
  • 出演:ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ、サラ・ポールソン、カイル・チャンドラー、ジェイク・レイシー、ジョン・マガロ他
  • 概要:1952年のニューヨーク。クリスマスシーズンのデバートのおもちゃ売場でアルバイトをしているテレーズ・ベリベット(ルーニー・マーラ)は娘のプレゼントを探すキャロル・エアード(ケイト・ブランシェット)と出会う。テレーズはキャロルに魅了されながらもプレゼントを勧め、購入してもらう。その後キャロルが手袋を忘れているのに気づき郵送する。後日テレーズはキャロルからお礼に食事に誘われて…

評価:10/10(同性関係なく純粋なる恋物語)
オススメ:全員

本作は観る予定が全く無かったのですが、Filmarksにあった大好きなイラストレーター・ぐみちょこさんのレビューを観て
これは観なければ!と思っていました。
ただ、待てど暮らせど和歌山で公開する気配は無く…
そんな時、大阪に行く機会がありなんとか鑑賞にこじつけることができました。

もうね、本当に観てよかったです。

観たTOHOシネマズ梅田は昔からの設備なので、観る前は文句も言ってたりしたのですが、その古臭さが本作の雰囲気に見事にマッチしてしまったという奇跡も起きました。

本作は同性愛を取り扱ってることで映画ファンの間では話題になりましたね。
また、ちょうど公開のタイミングでWHOが映画へのタバコの規制をぶちかましたのも話題になりました。
…ですが、話題になった割には現状観てる人が多いとは思えないです。

本作最大の魅力はテレーズの圧倒的メインヒロイン力だと思っています。
ルーニー・マーラが「ドラゴン・タトゥーの女」と同じく主人公にひたむきな好意を持つヒロインを好演しています。
作中でキャロルが言った通り本当、「空から落ちてきた天使」かと思うレベルですね。

※以下、ネタバレ解説

続きを読む →