「フィフティ・シェイズ・ダーカー」感想ーもうお前ら勝手にやってろ!

突然ですがみなさん「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」という映画をご存知ですか?

海外で大人気の官能小説の映画化でしたがイマイチな脚本と主にジェイミー・ドーナンの演技で海外でも不評、なんとラジー賞で最低作品賞、最低主演男優賞、最低主演女優賞、最低スクリーンコンボ章、最低脚本賞と5部門も受賞。すごいな、「ジャックとジル」かよ。そりゃ「TED」でネタにされるわな。

閑話休題。

ただでさえアレなのに日本では真っ黒クロスケで一部表現を規制したR15版として公開しますます不評でした。

ちなみにこれ、海外で修正されたものをそのまま上映していたとか。日本ならもっと上手くやるよ多分。

この頃ちょうどアニメ版「テラフォーマーズ」でも真っ黒クロスケ出現し「また真っ黒クロスケのお世話にならないといけないのか…」と、ゲンナリしていた私でしたが、そんなところにR18版の上映が決まり嬉々として観に行きました。レディースデーに。TOHOシネマズ日本橋の女性ばかりのスクリーンのど真ん中の座席にいる男。それが俺。

「ガール」の時も同じシチュエーションでしたが、この手の映画では…まぁでも全然エロく無かったし、むしろどこに真っ黒クロスケの出番があったのか教えて欲しい。マジで。

まぁそんな色んな思い出のある本作ですが、私の2015年のワースト10には残念ながら入りませんでした。あの年はワースト側に精鋭が集まった事故の年なので。

さて、そんな続編「フィフティ・シェイズ・ダーカー」です。日本公開が決まる前はTwitterでビデオスルーになるというデマを流してた人間いたのですが、そいつのアカウント思い出してこれから殴りに行かなければなりません。無事に公開されてよかったです。


  • 原題:FIFTY SHADES DARKER
  • 製作年:2017
  • 公開日:2017/6/23
  • 上映時間:118分
  • 監督:ジェームズ・フォーリー
  • 出演:ダコタ・ジョンソン、ジェイミー・ドーナン、リタ・オラ、キム・ベイシンガー、マーシャ・ゲイ・ハーデン他
  • 概要:5分に一回合体(雑

評価:6/10
オススメ:気になった人だけ観るがよろし

※個人的好みとしては10点とか0点(バカ映画)に並ぶぐらい好きだけど、冷静に考えるとこの点数

さぁ「前作からパワーアップ」という事でもう男としてはアッチ方面のパワーアップしか期待してない訳ですよ(ゲス顔
実際蓋をあけるととんでもない方向にパワーアップしちゃいましたね。

ハードルは一切持たずに行ったので、普通に楽しかったです。こういう頭悪い映画好きです。「5分に1回胸キュン」を謳った「ピーチガール」の宣伝文句借りるなら「5分に1回合体」なわけですね。抜きゲーかな。

※以下ネタバレあり

続きを読む →

スポンサーリンク

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」感想―展開がわかるからこそ泣ける

今日は「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」のご紹介。
最初に結論から言うとポッピンQ」より絶対こっちの方観ようぜ。
※あくまでも個人的な感想です


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/12/17
  • 上映時間:110分
  • 監督:三木孝浩
  • 出演:福士蒼汰、小松菜奈、山田裕貴、清原果耶、東出昌大、大鷹明良、宮崎美子他
  • 概要:大学生の南山高寿(福士蒼汰)は通学の電車で福寿愛美(小松菜奈)に一目惚れし、声をかける。駅で会話を交わした2人。別れる際に高寿は「また会える?」と聞いたところ、愛美は突然涙した―。

評価:9/10
オススメ:カップルだけの映画じゃない!みんなにオススメ!

いやぁ、2016年はこれでもかというぐらい名作が出てきましたが、本作もその一つではないでしょうか。
2016年最後に観た映画は迷作でしたけど。

監督は「ソラニン」、「アオハライド」等の良質な音楽映画、青春映画を作り続ける三木孝浩監督
実は三木監督作品は「くちびるに歌を」、「青空エール」と2作連続で見損ねてたので久々の三木監督作品となります。
(2作品とも評価高いから観ないと…!)

原作者は七月隆文。あれ、どこかで聞いたことある名前だと思ったら、「俺がお嬢様学校に『庶民サンプル』としてゲッツされた件」の原作者でもありました。
多分映画ファンには聞いたことも無いタイトルでしょうが、以前放送されていた深夜アニメです。

※どんな内容かはこのPV観てお察しください。でも結構他のテンプレートラノベと比べると内容は詰まってます。

まぁそんなわけで、ライトノベル作家の方がいきなりリア充向けな作品を書いて、ヒットし、さらに三木孝浩監督で映像化ですよ…住む世界が変わり過ぎというか。

まぁ、とりあえずそういうところもあって期待半分不安半分で観ましたよ。

※いつも以上にネタバレです

続きを読む →

「キャロル」感想-純粋な愛の物語

こんにちは。
マネー・ショート」の記事がやっと完成したことで今回ようやく「キャロルを語ることができます。

最初に一言言うなら、こんなくだらないレビュー読む前に今すぐ本作を観るべきだ。


  • 原題:CAROL
  • 製作年:2015
  • 公開日:2016/2/11
  • 上映時間:118分
  • 監督:トッド・ヘインズ
  • 出演:ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ、サラ・ポールソン、カイル・チャンドラー、ジェイク・レイシー、ジョン・マガロ他
  • 概要:1952年のニューヨーク。クリスマスシーズンのデバートのおもちゃ売場でアルバイトをしているテレーズ・ベリベット(ルーニー・マーラ)は娘のプレゼントを探すキャロル・エアード(ケイト・ブランシェット)と出会う。テレーズはキャロルに魅了されながらもプレゼントを勧め、購入してもらう。その後キャロルが手袋を忘れているのに気づき郵送する。後日テレーズはキャロルからお礼に食事に誘われて…

評価:10/10(同性関係なく純粋なる恋物語)
オススメ:全員

本作は観る予定が全く無かったのですが、Filmarksにあった大好きなイラストレーター・ぐみちょこさんのレビューを観て
これは観なければ!と思っていました。
ただ、待てど暮らせど和歌山で公開する気配は無く…
そんな時、大阪に行く機会がありなんとか鑑賞にこじつけることができました。

もうね、本当に観てよかったです。

観たTOHOシネマズ梅田は昔からの設備なので、観る前は文句も言ってたりしたのですが、その古臭さが本作の雰囲気に見事にマッチしてしまったという奇跡も起きました。

本作は同性愛を取り扱ってることで映画ファンの間では話題になりましたね。
また、ちょうど公開のタイミングでWHOが映画へのタバコの規制をぶちかましたのも話題になりました。
…ですが、話題になった割には現状観てる人が多いとは思えないです。

本作最大の魅力はテレーズの圧倒的メインヒロイン力だと思っています。
ルーニー・マーラが「ドラゴン・タトゥーの女」と同じく主人公にひたむきな好意を持つヒロインを好演しています。
作中でキャロルが言った通り本当、「空から落ちてきた天使」かと思うレベルですね。

※以下、ネタバレ解説

続きを読む →