「ポッピンQ」感想―2016年決定版誰得映画

本年皆さんにお届けする一本目がこの映画でいいのだろうかと未だに自問自答しつつ書きます。

さて、2016年初頭「エンジェルウォーズ」っぽいアニメ映画があるとご紹介した「ガラスの花と壊す世界」、覚えていますでしょうか。
有名なイラストレーター・カントクさんがキャラクターのデザインを手がけ、有名声優を投下したSF作品ですが、わずか70分弱に設定色々詰め込みすぎたお陰で超絶カオス映画となりました。
そんな作品を「エンジェルウォーズ」っぽいとブログで紹介したところ、結構Twitter等で反応を頂き去年の1,2を争うアクセス数でした。ありがとうございます。

で、本作。私が観る前から既に「エンジェルウォーズ」っぽいと騒がれていて、また俺は似たような映画を観ないといけないのか…と思いながら年の瀬に観に行きました。
結果的には、「エンジェルウォーズ」っぽいんじゃない。超えた。カオスさが。

前置き長くなりましたが、今日はそんな「ポッピンQ」を紹介。


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/12/23
  • 上映時間:95分
  • 監督:宮原直樹
  • 出演:瀬戸麻沙美、井澤詩織、種崎敦美、小澤亜李、黒沢ともよ、小野大輔、島崎和歌子、羽佐間道夫他
  • 概要:ダンスで世界を救います。インディアン嘘ツカナイ。

評価:判定不能
オススメ:自分の目で確かめろ…マジで。

まー、なんというか、轟けミソっかすですよね(意味不
勢いがないせいで、「エンジェルウォーズ」と違って飲み込めないんです。

まずこの作品ですが、プリキュアのエンディングのダンスシーンを手がけてきた宮原直樹氏による作品。
このプリキュアのダンス、これが馬鹿にならなくて毎年凄まじい進化を遂げていることで一部界隈からも注目されています。

そんな監督だからか、いやだからこそダンスを中心に据えた本作。
ざっくり言えば卒業を控えた人生に迷う中学生5人が、異世界に迷い込んでダンスで世界を救うというお話です。

ダンスで世界を救う…?あの主人公走ってるのなんだろう?
もうね、予告編の段階から意味不明だったけど、観た後もよくわからなかったというのが正直な感想です。
しかも、当ブログでも鎮座する評価の低いク◯映画と違って嫌いになりきれないんだよな…なんだろうこの複雑な気持ち。

※以下ネタバレあり

続きを読む →

「何者」感想―20代限定スーパートラウマ映画

こんにちは!
みなさん、就活ってされましたか?
多分もう二度と経験したくないと思った方は少なくないはず。私もそんな一人です(そう言いながらつい最近まで転職活動してましたが…)

そんな就活時代をもがき苦しんだ人を問答無用で地獄へ落とす何者」を紹介します。


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/10/15
  • 上映時間:98分
  • 監督:三浦大輔
  • 出演:佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、山田孝之他
  • 概要:成り行きで就活の情報交換の為に集まった5人。海外留学の経験や人脈を武器に就活に立ち向かっていく彼らだったが…

評価:8/10
オススメ:心臓の強い就活経験済みのSNS時代に生きる20代の若者だけが観ることを許される

原作は「桐島、部活辞めるってよ。」の朝井リョウが最年少で直木賞を受賞した小説です。

この映画は

  • 就活
  • SNS
  • 意識高い系

と3つの「恐怖」が襲い掛かってきます。表現間違ってない。
要は大学時代に少しでも後ろめたさ的なものを持っていた人がもれなくトラウマスイッチを踏み抜かれる素晴らしい作品となっています。

あと20代以外の方は残念ながらほぼ例外なくお呼びでないです。
それぐらい刺さる世代は限定されてます。そういう意味でも万人受けは全くしません。

※以下、ネタバレ
※いわゆる意識高い系の人達に対して辛口です

続きを読む →

「ずっと前から好きでした~告白実行委員会~」感想-最強胸キュン映画

こんにちは。
コナンやしんちゃんを皮切りにGW映画ラッシュが続いていますね。
今日はそんな中から「ずっと前から好きでした~告白実行委員会~」を紹介します。


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/4/23
  • 上映時間:64分
  • 監督:柳沢テツヤ
  • 声の出演:神谷浩史、戸松遥、梶裕貴、阿澄佳奈、鈴村健一、豊崎愛生、代永翼他
  • 概要:榎本夏樹(戸松遥)は幼馴染の瀬戸口優(神谷浩史)に片思い中。思い切って告白しようとするものの、素直になれなくて告白の「練習」と言ってごまかしてしまう。夏樹は「本番」を迎える事ができるのか…

評価:9/10
オススメ:中高生、あの頃の輝きが忘れられない方

原作は中高生中心に大人気のクリエイター集団・Honey Worksの楽曲達が元になっています。
彼らの音楽はキャッチーなメロディに「胸キュン青春系」と呼ばれる等身大の高校生を写したような歌詞、そして可愛いイラストの相乗効果が素晴らしいです。
動画再生数は累計1億回、コミケに出ようものなら長蛇の列(しかもその列だけ年齢層が尋常じゃなく若い)という人気っぷりです。

私は「アオハライド」なんかもそうなんですが、こういう「胸がキュン↑キュン↑(CV.松岡禎丞)」するような映画が大好きで定期的に観ないと死にます。(中の人の年齢に対するツッコミはご遠慮ください)

この映画少し面白くて、初回を観た人達(自分も含め)が超高評価で、Yahoo!映画を含めてほぼ満点状態で、Twitterの評価もかなりよかったです。
しかし、この評判を知った映画ファンやアニメファンのおじさん達が釣られて土曜の昼以降に鑑賞した結果、見事に死屍累々状態に。南無。
おかげ(?)でレビューサイトの評価点は普通に落ち着きましたがw

おじさん達が死んだ理由、この手の映画には自分達大人には一生手に入らない「青春の輝き」があるのです、そのまばゆさに心えぐられる人が多いとか…。まぁ、ぶっちゃけ観る前に身の丈知った方が幸せですよ(自分の事は棚に上げた)。

※以下ネタバレあり
※色々語っていますが、要は「最高だから、みんなも観ようぜ!」って意味です。ただし前述の通り心の老いた耐性のない人にはキツいです。

 

続きを読む →

「ちはやふる 上の句」感想-眩しい青春

こんにちは。
最近また映画館に足を運んでいたせいで紹介したい映画が多すぎるのが悩みです。
今日は「ちはやふる 上の句」を紹介。

「上の句」ってある通り、前後編ものなのですが、
今までの前後編と比べて本作だけで一つの映画として完成されているのがこの映画の最も優秀なところです。
なので、他の作品みたいに途中でぶった切られて評価しづらい事は一切ございません。
「下の句」観るかどうかわからないけど、とりあえず観てみるのは全然アリなのです。


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/3/19
  • 上映時間:111分
  • 監督:小泉徳宏
  • 出演:広瀬すず、野村周平、真剣佑、上白石萌歌、矢本悠馬、森永悠希、清水尋也、松田美由紀、國村隼他
  • 概要:幼なじみの千早(広瀬すず)、太一(野村周平)、新(真剣佑)の3人は、競技かるたを遊んでいたが、小学校卒業後離れ離れになってしまう。高校生になった千早は再会した太一と共に競技かるた部を作ることになる…

評価:9/10
オススメ:今青春まっただ中な中高生~元中高生の方まで

かくいう私も、「前後編ものはもう観たくないんだ…」という思いが強かったのです。
「進撃の巨人」みたいに前半がどれだけ良くても後編の出来がアレだとその映画全体がアレに見えかねないですし、
「ソロモンの偽証」みたいに前半で既にイマイチだと、後編どれだけ巻き返そうと前半のイメージが拭い切れないという欠点がありました(公開期間が開くから余計イマイチなイメージがこべりつく)。

それに前編は大体いいところで終わるので、観終わった後「後編を観てみないと評価しづらい」という問題が必ずつきまとっています。
ですが、本作はきちんと「上の句」だけで一つの映画として完成されているので、安心して観れます。

本当、この映画を勧めて頂いたTwitterのフォロワーさん達に感謝です。

※以下ネタバレ

続きを読む →

「ラブライブ! The School Idol Movie」感想-限られた時間の中で精一杯輝く

こんにちは。
μ’sのラストライブがいよいよ3月31日、そして4月1日に東京ドームで行われますね。
今日は「ラブライブ! The School Idol Movie」 を紹介します。


  • 製作年:2015
  • 公開日:2015/6/13
  • 上映時間:99分
  • 監督:京極尚彦
  • 声の出演:新田恵海、南條愛乃、内田彩、三森すずこ、飯田里穂、Pile、楠田亜衣奈、久保ユリカ、徳井青空他
  • 概要:音ノ木坂学院を廃校の危機から救った高坂穂乃果(新田恵海)をはじめとするμ’sは、第二回ラブライブ!で遂に優勝した。そして3年生の卒業が迫っていた…

評価:9/10(ファンはハンカチマスト)
オススメ:「ラブライブ!」、μ’sファン

本作はテレビ版の純然たる続編であり、かつ「ガールズ&パンツァー」や「たまこラブストーリー」みたいに劇場版だけで楽しめるようなラッキーは残念ながら起きません。
なので、気になった方は是非テレビ版をまず観てください。
それこそガルパンやたまこと違ってテレビ版から凄くいい話なのでオススメです。

本作でμ’sを務めた9人は実際にアニメを飛び出して現実でライブ活動を行っていました。(厳密にはキャラと小説が原作で声優の彼女達の活動が先で、アニメは一番後発)
その声優たちによるリアルμ’sも東京ドームでのライブを最後にライブ活動を終えると発表しています。
(ただし、μ’s自体が解散するとは言ってなければ、活動休止とも言ってないのでそこはどうなるのでしょうか…)

「ラブライブ!」は青春ものとしても優秀です。
やはり限られた時間の中で苦悩と挫折を経験しながら成長していく素晴らしさが青春もののいいところですよね!
同じく音楽、女子高生と符号にしておきながら話の山も谷もなかったけい◯んとは違うのだよ!け◯おんとは!映画としては最悪だったよ!(テレビアニメ自体は好きです)

※以下、一応ネタバレ

続きを読む →