「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」感想-ゆきあつ。

今日は「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」の紹介をする前に一つ。

重大なネタバレしてしまって大変申し訳ございません!

「えっ、どこがネタバレなの?」って疑問に思った方はおそらく大丈夫なので、このまま紹介させてください。
「おい、そういうことかよ!どうしてくれるんだよ!」って思った方もとりあえず解説させてください。ね。
だって言わずにはいられなかった…


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/4/29
  • 上映時間:109分
  • 監督:金子修一
  • 出演:野村萬斎、宮迫博之、安田章大、杉咲花、木村文乃、ちすん、梶原善、風間杜夫、高畑淳子他
  • 概要:物や場所に残った記憶、それが残留思念。仙石和彦(野村萬斎)はその残留思念を読み取ることができる特殊能力を持っていた。一時期はお笑いコンビ「マイティーズ」を組み、その能力を芸として活かしていたが、コンビ解散後は引きこもり生活を送っていた。一方、元相方の丸山竜二(宮迫博之)は解散後ピン芸人として活動するも鳴かず飛ばずだった。ある日丸山のいる事務所に秋山亜美(杉咲花)という女子高生が「人を探して欲しい」と訪れてきて…

評価:6/10
オススメ:古沢良太ファン、新しい野村萬斎が観たい方、アニメオタクな方

本作の主演は「陰陽師」、「のぼうの城」でおなじみ野村萬斎です。
彼の演技は誰が見てもインパクトのある演技で有名ですね。
そんな彼がラノベにいそうなヘタレ系引きこもり(ちゃんと理由はありますがそのあたりは後述)主人公を演じてるだけで本作には価値があると思います。

あまり推理的な要素で言えば若干薄いのですが、話の展開は上手く引き込んできます。
何より原作のないオリジナル作品なので、色々考えながら楽しめます。話の流れ自体を推理するのは楽しいですし。

まぁ、タイトルにも書いた件で色々台無しすぎるんだけど。
逆にタイトルの意味がわかり、ヘタレ引きこもり主人公とどっちかというとアニメオタクに全力で勧めるべき映画なのではないのでしょうか。

※以下途中までは微ネタバレ
※後半の重大なネタバレは改めて警告入れてますので、途中までは読んでも大丈夫です

続きを読む →

スポンサーリンク