「アクセル・ワールド INFINITE∞BURST」感想―誰もが望まなかった「あらすじ」

こんにちは。お久しぶりにも程がありますね。

さて、公開前から私一人騒ぎまくっていた「アクセル・ワールド INFINITE∞BURST」遂に公開しましたね!
既にほとんどの映画館で上映終了した上に、Blu-rayも発売しましたが


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/7/23
  • 上映時間:82分
  • 監督:小原正和
  • 声の出演:三澤紗千香、梶裕貴、豊崎愛生、浅沼晋太郎、日高里菜、遠藤綾、原由実、赤崎千夏他
  • 概要:ネットワーク上の仮想世界「ブレイン・バースト」で戦うハルユキ(梶裕貴)達はある日突然漆黒の竜巻に巻き込まれブレイン・バーストに接続できなくなってしまう。その竜巻は徐々にブレイン・バースト世界全体に広がっていった…

評価:2/10
オススメ:アクセル・ワールドのファン

本当ね、原作もアニメも大好きです。

原作の著者は「ソードアート・オンライン」で有名な川原礫先生。
でも個人的にはSAOよりも「アクセル・ワールド」の方が好きです。
「このライトノベルがすごい!」には毎年「アクセル・ワールド」への愛をぶつけています。
(ここ数年の「このライトノベルがすごい!」のアクセル・ワールドの欄に出てくる20代男性のコメント半分ぐらいは私のです)

そんな私が喜んで映画公開初日に観に行ったのですが、前半にとんでもない試練が待っていたのです…

※以下、原作を含めたネタバレあり
※不快な表現あり

続きを読む →

「ずっと前から好きでした~告白実行委員会~」感想-最強胸キュン映画

こんにちは。
コナンやしんちゃんを皮切りにGW映画ラッシュが続いていますね。
今日はそんな中から「ずっと前から好きでした~告白実行委員会~」を紹介します。


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/4/23
  • 上映時間:64分
  • 監督:柳沢テツヤ
  • 声の出演:神谷浩史、戸松遥、梶裕貴、阿澄佳奈、鈴村健一、豊崎愛生、代永翼他
  • 概要:榎本夏樹(戸松遥)は幼馴染の瀬戸口優(神谷浩史)に片思い中。思い切って告白しようとするものの、素直になれなくて告白の「練習」と言ってごまかしてしまう。夏樹は「本番」を迎える事ができるのか…

評価:9/10
オススメ:中高生、あの頃の輝きが忘れられない方

原作は中高生中心に大人気のクリエイター集団・Honey Worksの楽曲達が元になっています。
彼らの音楽はキャッチーなメロディに「胸キュン青春系」と呼ばれる等身大の高校生を写したような歌詞、そして可愛いイラストの相乗効果が素晴らしいです。
動画再生数は累計1億回、コミケに出ようものなら長蛇の列(しかもその列だけ年齢層が尋常じゃなく若い)という人気っぷりです。

私は「アオハライド」なんかもそうなんですが、こういう「胸がキュン↑キュン↑(CV.松岡禎丞)」するような映画が大好きで定期的に観ないと死にます。(中の人の年齢に対するツッコミはご遠慮ください)

この映画少し面白くて、初回を観た人達(自分も含め)が超高評価で、Yahoo!映画を含めてほぼ満点状態で、Twitterの評価もかなりよかったです。
しかし、この評判を知った映画ファンやアニメファンのおじさん達が釣られて土曜の昼以降に鑑賞した結果、見事に死屍累々状態に。南無。
おかげ(?)でレビューサイトの評価点は普通に落ち着きましたがw

おじさん達が死んだ理由、この手の映画には自分達大人には一生手に入らない「青春の輝き」があるのです、そのまばゆさに心えぐられる人が多いとか…。まぁ、ぶっちゃけ観る前に身の丈知った方が幸せですよ(自分の事は棚に上げた)。

※以下ネタバレあり
※色々語っていますが、要は「最高だから、みんなも観ようぜ!」って意味です。ただし前述の通り心の老いた耐性のない人にはキツいです。

 

続きを読む →

「劇場版 “文学少女”」感想-色々もったいない

今日は家にあった「劇場版”文学少女”」を紹介します。
原作はライトノベルです。この文学少女シリーズはあまりにも愛が深すぎるので語り始めると1日が終わるので割愛しますが、それだけ好きな作品です。


  • 製作年:2010年
  • 公開日:2010/5/1
  • 上映時間:103分
  • 監督:多田俊介
  • 声の出演:花澤香菜、入野自由、平野綾、水樹奈々、小野大輔、豊崎愛生、宮野真守、伊藤静、下田麻美他
  • 概要:高校に入学したばかりの井上心葉(入野自由)は木蓮の木の下で本を読んでいる少女・天野遠子(花澤香菜)と出会う。彼女は秘密を見た井上を監視と称し自らが部長を務める文学部に強制入部させる。時は流れ、天野が卒業を控えた冬、ポストに謎の絵が書かれた手紙が入れられる…

評価:3/10(色々残念)
オススメ:宮沢賢治が好きな方

この作品って初めてのアニメ化なんで「テレビシリーズ観てるの前提!」みたいなの無いんですけど、
どう見ても「原作読んでる前提!」みたいになってしまっていて、逆に原作読んでると物足りないところだらけで発狂するというどこに向けた作品かよくわからなくなってしまってます。

あとは宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」と「よだかの星」を読んでいるかどうかでも大分変わってきます。
むしろ原作そっちのけで「銀河鉄道の夜」を抑えるのがベター。

※毎度お馴染み不愉快な表現が含まれている可能性があります。本作のファンの方ごめんなさい。
※いきなりネタバレしかしてません。それどころか原作シリーズのネタバレぶっ込みまくってます。
※本記事では天野遠子を敬意を込めて遠子先輩と呼んでいます。

続きを読む →