「うつくしいひと」感想-在りし日の記憶

今日は「うつくしいひと」を紹介します。


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/3/4
  • 上映時間:40分
  • 監督:行定勲
  • 出演:橋本愛、姜尚中、米村亮太朗、高良健吾、石田えり他
  • 概要:問屋街の二階にある探偵事務所の玉屋末吉(高良健吾)の元にある日、依頼人が現れる。それは熊本県を揺るがしかねない事件だった。一方、大学生の透子(橋本愛)がアルバイトをしている喫茶店兼本屋に黒いコートの男性(姜尚中)が現れる…

評価:8/10(甘めです)
オススメ:今、日本人が観るべき映画

元々熊本県出身の行定勲を中心に作成された純粋な熊本県のPR映画です。
そう、制作当時は熊本地震が起こるなんて誰も想像してなかったわけです。
映画が完成したのは2016年、作中の映像は2015年に撮影されたもので、まさに最近まで熊本に「あった」自然や建物が映っているのです。

本作の鑑賞料金1,000円は映画の製作委員会を経由して、熊本県に寄付されるとのこと。
熊本に寄付した上に、実質タダで映画まで観れてしまうんだぜ。なんというサプライズ。

話自体は実にシンプルなのですが、個人的には懐かしさとか相まってなんとも言えない気持ちです。
熊本と浅からぬ縁があるわけなので、それなりに細かいネタもツッコんでいきます。

なお今回も橋本愛がかわいいので、それだけで観る価値は十二分でしょう。

※以下、完全ネタバレ

続きを読む →

スポンサーリンク

「ピンクとグレー」感想-人間は多面的

先日久々にテレビのバラエティ番組を観ました。
「ゼウス」という番組で芸人軍とジャニーズ軍が、アーチェリーやレスリングで対決するというものででした。
結果、ジャニーズが負けて土下座するというなんというかとんでもない番組でした。
アーチェリー対決の時にジャニーズ軍は「作家の集中力を頼る」と加藤シゲアキが登場するのですが、彼は、そう「ピンクとグレー」の原作者です(ちなみに結果は悲惨)
また、番組では「ピンクとグレー」主演の中島裕翔も出てきましたね。彼は見事に活躍しました。

それ観てあぁ、感想書いてなかったなぁ、と反省しつつ今日は「ピンクとグレー」紹介します。
実はある理由で最初のうちに書かなかったことを後悔してます…


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/1/9
  • 上映時間:119分
  • 監督:行定勲
  • 出演:中島裕翔、菅田将暉、夏帆、岸井ゆきの、小林涼子、柳楽優弥、宮崎美子他
  • 概要:ごっちこと鈴木真吾(中島裕翔)とりばちゃんこと河田大貴(菅田将暉)は同じマンションで育つ。高校時代一緒にバンドをし、二人で芸能界を目指すが、白木蓮吾(鈴木真吾の芸名)が大スターに上り詰める一方、河田は鳴かず飛ばずだった…

評価:8/10(色々と衝撃的)
オススメ:イケメンが好きな人、「パレード」が好きだった人、クズが愛おしい人

先ほどの後悔云々の話ですが、まずこの作品、映画ファンと名乗る方々が誰も観に行ってなくて凄い不安なのです…
個人的には好きな映画ですが、まだボロカスに叩かれる方がマシです。観てすらないって…
確かにジャニーズが書いたジャニーズ主演の映画ですけど、むしろジャニーズファンに嫌がらせレベルな内容になってるので、映画ファンの方は安心して観てください。

この作品を一言で言うなら、同じ行定勲監督の作品「パレード」 の新解釈版なんじゃないかと思うんです。(後ほど解説)
また、ピンクからグレーに変わる瞬間は、散々公開前に煽っただけの事はあって衝撃でした。

また、本作は「菅田将暉」のクズ演技っぷりが素晴らしいのも特徴です。
なぜこんな表現なのかは観た人はわかりますよね?

あともう一つ衝撃だったのが、映倫が仕事を投げ出したことでしょうか。あれ、レーティング無しとか正気じゃない(歓喜
今までの仕事しないっぷりに輪をかけて酷い(褒め言葉)。あの方法はみんな真似するべき。

にとり的ポイントは

  1. ピンクからグレーへ
  2. グレーの世界
  3. 「白木蓮吾」とは

※以下完全にネタバレ

続きを読む →