「テラフォーマーズ」感想-映倫は死んだ

こんにちは。
今回は「テラフォーマーズ」の紹介。

最初に言いたいけど、私はこの映画大好きです。
色々理由はありますが、一番はこの映画かなりグロかったから。(※全年齢対象映画です


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/4/29
  • 上映時間:109分
  • 監督:三池崇史
  • 出演:伊藤英明、武井咲、山下智久、山田孝之、ケイン・コスギ、菊地凛子、加藤雅也、小池栄子、篠田麻里子、滝藤賢一、太田莉菜、福島リラ、小栗旬他
  • 概要:21世紀、人口爆発によって人類は火星にコケと”ある生物”送り込む火星移住計画を進めていた。それから500年。火星移住計画の最終段階として”ある生物”を駆除するため15人の日本人が送り込まれた…

評価:8/10
オススメ:アクションが好きな方

当たり外れがあまりにも激しすぎる事で有名な三池崇史監督最新作です。
前回の「極道大戦争」は傑作だっただろ!いい加減にしろ!

しかも主演にあの伝説のR15映画「悪の教典」で三池監督と手を組んだ伊藤英明が再度降臨。
脇にハリウッド映画にも出演している福島リラや菊地凛子、超個性派の小栗旬や山田孝之という豪華というかとにかくインパクトのデカい俳優を入れてきた印象です。
ここに武井咲と山Pが入り込むイメージがつかなかった…観る前は。安心してください、ちゃんと活躍してますよ!
それから超個人的に大好きな滝藤賢一先生が超変態クソ野郎を演じられております。64の予告編見すぎて早く本編で「早くやれウスノロ」って罵られるの待ってます(はぁと

脚本は劇団☆新感線をはじめアニメ「グレンラガン」や「キルラキル」、特撮「仮面ライダーフォーゼ」で有名な中島かずき。
彼のおかげかテンポもかなりよく、勢いのある作品になっています。
彼の作品のノリについていけるならこの作品もノレるはずです。
さらにナレーションにガンダムのシャア・アズナブルで有名な池田秀一がいるので、アニメファンの方々にもオススメですよ!

さて、テラフォーマーズと言えば、アニメ版では黒丸で残酷描写を覆い隠す表現で、大いに荒れました。
そんなアニメ版を観た人達も三池崇史監督と聞いて一度上がるテンション。
しかし、映倫から「テラフォーマーズはG(全年齢対象)」と聞いた瞬間のへし折られたテンション…すごくわかります。
でも待ってください。三池監督は前回の「悪の教典」でも、今までのR15とは比べ物にならないアウトぷりを披露しました。

そう、三池監督は私達を見捨てなかった。今回の映倫に対する挑戦は「悪の教典」を上回っています。というか、もはや映倫は殺されたのではないのだろうか。
映倫は死んだのだ。いくら呼んでも帰っては来ないんだ…そんな一作でした。

さすがに直接的すぎるものは無かったのですが、誤魔化し方がうますぎるのです。
あのグロ映画として早くも伝説になりつつある「アイアムアヒーロー」(後日感想公開予定)とも善戦できる気がします。
先に「アイアムアヒーロー」観たから間違いないです。
(この辺りは後述します)

この映画が「アイアムアヒーロー」と同じくテレビや新聞というマスメディア資本が入ってないから色々リミッター外しても良かったのかもしれません。あくまでも全年齢対象です。でも、
全然子供には観せられねーよ!!!
逆にマスコミ資本無しで、しかもこの内容でよくこれだけの俳優集めたな…なんか俳優のほうが断りそうな案件だもん。

※前説長くなりましたがここからネタバレ解説ゾーン

続きを読む →

「パシフィック・リム」感想-それは僕たちの夢

こんにちは。
遂に、遂にやってきました「パシフィック・リム」の放送が!フジテレビで3月5日に放送されますよ!
ネットではお祭り騒ぎにまでなってる映画、今日はそんな「パシフィック・リム」を紹介したいと思います。
と、いっても騒いでいるのは(自分含め)一部の人達だけなんですけどね…
でも、個人的には超オススメです!


  • 原題:Pacific Rim
  • 製作年:2013
  • 公開日:2013/8/9
  • 上映時間:130分
  • 監督:ギレルモ・デル・トロ
  • キャスト:チャーリー・ハナム、菊地凛子、イドリス・エルバ、チャーリー・デイ、バーン・ゴーマン、ロバート・カジンスキー、マックス・マーティーニ、クリフトン・コリンズJr.、芦田愛菜他
  • 概要:深海から突如巨大生物が現れた。人々が「KAIJU」と名付けたそれは世界の都市を破壊していく。人類は「KAIJU」に対抗するため「イェーガー」と呼ばれる巨大兵器を作り上げ対抗することになった。

評価:10/10(感動)
オススメ:日本の全ての少年と、かつて少年だった大人達

この映画も例に漏れず多くの方が語り尽くしてる感が凄いのですが、今回は出来る限り自分も魅力について語りたいと思います。

続きを読む →