「デスノート Light up the NEW world」感想―ツッコミオンパレード

さぁ、当ブログでもいよいよ「デスノート Light up the NEW world」をご紹介する時が来てしまったようです。
「MONSTERZ」や「バトルシップ」といった映画大好きのク◯映画フリーカーとしては観る前から酷評な本作は楽しみだったのですが…
想像以上に普通の映画でガッカリしました。狂気が足りない。


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/10/29
  • 上映時間:135分
  • 監督:佐藤信介
  • 出演:東出昌大、池松壮亮、菅田将暉、戸田恵梨香、川栄李奈、藤井美菜、船越英一郎、中村獅童(声)、沢城みゆき(声)、藤原竜也、松山ケンイチ他
  • 概要:デスノートでとにかく人をぶっ◯すだけの痛快ストーリー

評価:0/10
オススメ:気になった人だけ観るがよろし

※0点はバカ映画に贈られる評価で、個人的なお気に入り度は9点と同等かそれ以上です。

中盤までは割りと私好みの脳筋ストーリー展開で楽しかったのですが、後半のアレの大量投入あたりから雲行きが怪しくなり、ラストはもう…
でも、なんだかんだで楽しかったのでバカ映画認定します。

で、上記の通りラストが酷くて本作を擁護する気は無いのですが、よく本作を非難している人達が言っている

「デスノート6冊って変な設定を作るな」
「『L change the WorLd』が無かったことにされてる」

に関してはこれだけ言わせて欲しい。

お前らは本当に原作や前作までの映画を見ていたのか?

※以下ラスト含めてネタバレ
※ストーリー解説は一切なく、ただただツッコミの応酬です

続きを読む →

スポンサーリンク

「何者」感想―20代限定スーパートラウマ映画

こんにちは!
みなさん、就活ってされましたか?
多分もう二度と経験したくないと思った方は少なくないはず。私もそんな一人です(そう言いながらつい最近まで転職活動してましたが…)

そんな就活時代をもがき苦しんだ人を問答無用で地獄へ落とす何者」を紹介します。


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/10/15
  • 上映時間:98分
  • 監督:三浦大輔
  • 出演:佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、山田孝之他
  • 概要:成り行きで就活の情報交換の為に集まった5人。海外留学の経験や人脈を武器に就活に立ち向かっていく彼らだったが…

評価:8/10
オススメ:心臓の強い就活経験済みのSNS時代に生きる20代の若者だけが観ることを許される

原作は「桐島、部活辞めるってよ。」の朝井リョウが最年少で直木賞を受賞した小説です。

この映画は

  • 就活
  • SNS
  • 意識高い系

と3つの「恐怖」が襲い掛かってきます。表現間違ってない。
要は大学時代に少しでも後ろめたさ的なものを持っていた人がもれなくトラウマスイッチを踏み抜かれる素晴らしい作品となっています。

あと20代以外の方は残念ながらほぼ例外なくお呼びでないです。
それぐらい刺さる世代は限定されてます。そういう意味でも万人受けは全くしません。

※以下、ネタバレ
※いわゆる意識高い系の人達に対して辛口です

続きを読む →

「映画 暗殺教室」感想-青春は駆け足だ

こんにちは。
今日は前々から気になっていた「映画 暗殺教室」をテレビで観たので紹介します。


  • 製作年:2015/3/21
  • 公開日:2015
  • 上映時間:110分
  • 監督:羽住英一郎
  • 出演:山田涼介、菅田将暉、山本舞香、加藤清史郎、橋本環奈、知英、高嶋政伸、椎名桔平他
  • 概要:謎の生物・殺せんせーを卒業までに殺さないと地球が滅びる!?レッツ暗殺♪

評価:6/10
オススメ:原作のファン、橋本環奈に癒やされたい人

久々にふざけた概要だった。

原作は週刊少年ジャンプの人気作品。
私は原作は未読で観ました。

続きを読む →

「ピンクとグレー」感想-人間は多面的

先日久々にテレビのバラエティ番組を観ました。
「ゼウス」という番組で芸人軍とジャニーズ軍が、アーチェリーやレスリングで対決するというものででした。
結果、ジャニーズが負けて土下座するというなんというかとんでもない番組でした。
アーチェリー対決の時にジャニーズ軍は「作家の集中力を頼る」と加藤シゲアキが登場するのですが、彼は、そう「ピンクとグレー」の原作者です(ちなみに結果は悲惨)
また、番組では「ピンクとグレー」主演の中島裕翔も出てきましたね。彼は見事に活躍しました。

それ観てあぁ、感想書いてなかったなぁ、と反省しつつ今日は「ピンクとグレー」紹介します。
実はある理由で最初のうちに書かなかったことを後悔してます…


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/1/9
  • 上映時間:119分
  • 監督:行定勲
  • 出演:中島裕翔、菅田将暉、夏帆、岸井ゆきの、小林涼子、柳楽優弥、宮崎美子他
  • 概要:ごっちこと鈴木真吾(中島裕翔)とりばちゃんこと河田大貴(菅田将暉)は同じマンションで育つ。高校時代一緒にバンドをし、二人で芸能界を目指すが、白木蓮吾(鈴木真吾の芸名)が大スターに上り詰める一方、河田は鳴かず飛ばずだった…

評価:8/10(色々と衝撃的)
オススメ:イケメンが好きな人、「パレード」が好きだった人、クズが愛おしい人

先ほどの後悔云々の話ですが、まずこの作品、映画ファンと名乗る方々が誰も観に行ってなくて凄い不安なのです…
個人的には好きな映画ですが、まだボロカスに叩かれる方がマシです。観てすらないって…
確かにジャニーズが書いたジャニーズ主演の映画ですけど、むしろジャニーズファンに嫌がらせレベルな内容になってるので、映画ファンの方は安心して観てください。

この作品を一言で言うなら、同じ行定勲監督の作品「パレード」 の新解釈版なんじゃないかと思うんです。(後ほど解説)
また、ピンクからグレーに変わる瞬間は、散々公開前に煽っただけの事はあって衝撃でした。

また、本作は「菅田将暉」のクズ演技っぷりが素晴らしいのも特徴です。
なぜこんな表現なのかは観た人はわかりますよね?

あともう一つ衝撃だったのが、映倫が仕事を投げ出したことでしょうか。あれ、レーティング無しとか正気じゃない(歓喜
今までの仕事しないっぷりに輪をかけて酷い(褒め言葉)。あの方法はみんな真似するべき。

にとり的ポイントは

  1. ピンクからグレーへ
  2. グレーの世界
  3. 「白木蓮吾」とは

※以下完全にネタバレ

続きを読む →