「劇場版 遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS」感想-俺達の遊戯王が帰ってきた!

今日は「劇場版 遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS」を紹介します。


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/4/23
  • 上映時間:130分
  • 監督:桑原智
  • 声の出演:風間俊介、津田健次郎、齋藤真紀、高橋広樹、近藤孝行、竹内順子、松本梨香、花澤香菜、日野聡、林遣都他
  • 概要:闇遊戯との決闘、そして別れを得て日常を取り戻した武藤遊戯(風間俊介)。ある日遊戯達の前に謎の少年・藍神(林遣都)が現れる。それと時を同じくして世界中で失踪事件が起き始めていた…

評価:10/10
オススメ:全ての決闘者(元決闘者含む)

遊戯王が誕生してから20年。原作及びアニメ「遊戯王デュエルモンスターズ」のその後を原作者である高橋和希本人がストーリーを作ったという完全なる続編です。原作完結から10年以上経ちまさか続編ができるとは…!
しかも、単なる続編だけではなく、あの人のストーリーが描かれている(ネタバレのため後述)というファン歓喜の内容にもなっているのです!

そして、ゲストキャラを演じる林遣都きゅんが想像以上に大活躍してるのも個人的にポイント高いです。
花澤香菜さんも相変わらずの天使っぷりを発揮しております。

※以下完全ネタバレ
※原作やアニメ「デュエルモンスターズ」をご存じない方向けには一切解説されてません、あしからず
※具体的には決闘(デュエル)、決闘者(デュエリスト)が読めない人はまず読まないほうがいいです

続きを読む →

「AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~」感想-中二病は現実世界で生きれるのか

突然ですが、皆さんは中二病はご存じですか?
中学二年生位の時に発症する妄想だとかなんだとかの総称で、黒歴史だけど誰もが(重軽傷別にして)発症したことがあるはずです。

最近のアニメではだいたい一人ぐらいこの手のキャラが出てきますが、フィクションの世界だからか普通に馴染んでたりしますよね。
それが現実に実際いたとしたら…いじめられたり避けられたりしますよね。
普通のアニメではこの辺には触れないのがお約束になっています。

でも、その校内のカーストに本当に中二病が放り込まれたらどうなるのか…
今日はそんな世界を描いてしまった映画「AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~」を紹介します。


  • 製作年:2013
  • 公開日:2013/4/13
  • 上映時間:82分
  • 監督:岸誠二
  • 声の出演:島崎信長、花澤香菜、井上麻里奈、明坂聡美、金元寿子、木村良平、安元洋貴、小林由美子、水島大宙他
  • 概要:佐藤一郎(島崎信長)中学時代に中二病のためにイジメを受け、高校生活を普通に過ごそうとし無事高校デビューを果たす。ある夜、忘れ物を取りに戻った学校で自称”青の魔女”佐藤良子(花澤香菜)と出会う。この出会いから彼の立場は一変する…

評価:7/10
オススメ:青春映画好きな方、かつて中二病だった人(現在進行形の人も含む

田中ロミオのライトノベル「人類は衰退しました」のアニメと原作者及びスタッフは全く同一で作られています。
人退がほのぼの日常系の皮を被ったブラックコメディだったのに対し、本作はファンタジーの皮を被った青春モノです。

本作は中二病を取り扱ったアニメでありながらリアル要素を含んでいるせいで、
中二病が好きな人の方がダメージを受けやすいというとんでも映画です。

※以下珍しくネタバレほとんど無し

続きを読む →

「劇場版 “文学少女”」感想-色々もったいない

今日は家にあった「劇場版”文学少女”」を紹介します。
原作はライトノベルです。この文学少女シリーズはあまりにも愛が深すぎるので語り始めると1日が終わるので割愛しますが、それだけ好きな作品です。


  • 製作年:2010年
  • 公開日:2010/5/1
  • 上映時間:103分
  • 監督:多田俊介
  • 声の出演:花澤香菜、入野自由、平野綾、水樹奈々、小野大輔、豊崎愛生、宮野真守、伊藤静、下田麻美他
  • 概要:高校に入学したばかりの井上心葉(入野自由)は木蓮の木の下で本を読んでいる少女・天野遠子(花澤香菜)と出会う。彼女は秘密を見た井上を監視と称し自らが部長を務める文学部に強制入部させる。時は流れ、天野が卒業を控えた冬、ポストに謎の絵が書かれた手紙が入れられる…

評価:3/10(色々残念)
オススメ:宮沢賢治が好きな方

この作品って初めてのアニメ化なんで「テレビシリーズ観てるの前提!」みたいなの無いんですけど、
どう見ても「原作読んでる前提!」みたいになってしまっていて、逆に原作読んでると物足りないところだらけで発狂するというどこに向けた作品かよくわからなくなってしまってます。

あとは宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」と「よだかの星」を読んでいるかどうかでも大分変わってきます。
むしろ原作そっちのけで「銀河鉄道の夜」を抑えるのがベター。

※毎度お馴染み不愉快な表現が含まれている可能性があります。本作のファンの方ごめんなさい。
※いきなりネタバレしかしてません。それどころか原作シリーズのネタバレぶっ込みまくってます。
※本記事では天野遠子を敬意を込めて遠子先輩と呼んでいます。

続きを読む →