「デスノート Light up the NEW world」感想―ツッコミオンパレード

さぁ、当ブログでもいよいよ「デスノート Light up the NEW world」をご紹介する時が来てしまったようです。
「MONSTERZ」や「バトルシップ」といった映画大好きのク◯映画フリーカーとしては観る前から酷評な本作は楽しみだったのですが…
想像以上に普通の映画でガッカリしました。狂気が足りない。


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/10/29
  • 上映時間:135分
  • 監督:佐藤信介
  • 出演:東出昌大、池松壮亮、菅田将暉、戸田恵梨香、川栄李奈、藤井美菜、船越英一郎、中村獅童(声)、沢城みゆき(声)、藤原竜也、松山ケンイチ他
  • 概要:デスノートでとにかく人をぶっ◯すだけの痛快ストーリー

評価:0/10
オススメ:気になった人だけ観るがよろし

※0点はバカ映画に贈られる評価で、個人的なお気に入り度は9点と同等かそれ以上です。

中盤までは割りと私好みの脳筋ストーリー展開で楽しかったのですが、後半のアレの大量投入あたりから雲行きが怪しくなり、ラストはもう…
でも、なんだかんだで楽しかったのでバカ映画認定します。

で、上記の通りラストが酷くて本作を擁護する気は無いのですが、よく本作を非難している人達が言っている

「デスノート6冊って変な設定を作るな」
「『L change the WorLd』が無かったことにされてる」

に関してはこれだけ言わせて欲しい。

お前らは本当に原作や前作までの映画を見ていたのか?

※以下ラスト含めてネタバレ
※ストーリー解説は一切なく、ただただツッコミの応酬です

続きを読む →

スポンサーリンク