「うつくしいひと」感想-在りし日の記憶

今日は「うつくしいひと」を紹介します。


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/3/4
  • 上映時間:40分
  • 監督:行定勲
  • 出演:橋本愛、姜尚中、米村亮太朗、高良健吾、石田えり他
  • 概要:問屋街の二階にある探偵事務所の玉屋末吉(高良健吾)の元にある日、依頼人が現れる。それは熊本県を揺るがしかねない事件だった。一方、大学生の透子(橋本愛)がアルバイトをしている喫茶店兼本屋に黒いコートの男性(姜尚中)が現れる…

評価:8/10(甘めです)
オススメ:今、日本人が観るべき映画

元々熊本県出身の行定勲を中心に作成された純粋な熊本県のPR映画です。
そう、制作当時は熊本地震が起こるなんて誰も想像してなかったわけです。
映画が完成したのは2016年、作中の映像は2015年に撮影されたもので、まさに最近まで熊本に「あった」自然や建物が映っているのです。

本作の鑑賞料金1,000円は映画の製作委員会を経由して、熊本県に寄付されるとのこと。
熊本に寄付した上に、実質タダで映画まで観れてしまうんだぜ。なんというサプライズ。

話自体は実にシンプルなのですが、個人的には懐かしさとか相まってなんとも言えない気持ちです。
熊本と浅からぬ縁があるわけなので、それなりに細かいネタもツッコんでいきます。

なお今回も橋本愛がかわいいので、それだけで観る価値は十二分でしょう。

※以下、完全ネタバレ

続きを読む →

スポンサーリンク