「湯を沸かすほどの熱い愛」感想―溢れる愛に涙が止まらない

泣いた。ボロボロ泣いた。
映画でこんなに泣くとは思わなかった。

今日は「湯を沸かすほどの熱い愛」を紹介。


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/10/29
  • 上映時間:125分
  • 監督:中野量太
  • 出演:宮沢りえ、杉咲花、篠原ゆき子、駿河太郎、伊東蒼、松坂桃李、オダギリジョー他
  • 概要:銭湯を営む幸野家だったが、父の一浩(オダギリジョー)が蒸発し、休業状態。母の双葉は持ち前の明るさでパートをしながら娘の安澄(杉咲花)を育てていた。しかし、ある日双葉が末期がんで余命を宣告される。そこから双葉は「絶対にやっておくべきこと」を決め実行に移していく…

評価:11/10
オススメ:全員いいから今すぐ観ろ

今年の映画No.1は本作です。
(残りの日付から目を反らしつつ)

ぶっちゃけ、最初あまり魅力的には感じなかったのです。
だってまずポスターが地味だし、余命を申告された母親が~ってうっすいお涙ちょうだいモノにしか見えなかったですもん。
今はそんな自分を殴り飛ばしたいです。

宮沢りえをはじめとしたキャスト陣も素晴らしいです。
杉咲花は繊細ででも数々の困難に立ち向かう学生を演じています。
オダギリジョーは「奇跡」や「舟を編む」の感じの彼が好きなら絶対本作の彼も好きになれます。冒頭不倫して蒸発してるんだけど。
松坂桃李君も出る映画にはなかなか傑作と呼べるものがなかったので本当によかった…(「ガッチャマン」の闇に触れるのはやめよう)

中盤までに出てくる細かいネタが後半全部生きてくる脚本もとにかく秀逸。
詳しくはネタバレ部で語りますが、まぁ、本当に何気ないシーンが全部生かされてくるの本当に凄いから。

ちなみに観る前に篠原ゆき子が演じる役名知らないと他の方より一度多く驚けるので、ホームページとか極力見ない方がお得です。

※一人でも多くあの感動を味わって欲しいからこそあえて詳しくは語りません

続きを読む →