「ガラスの花と壊す世界」感想-アニメ版エンジェルウォーズだった

こんにちは。

今日は「ガラスの花と壊す世界」の紹介です。
(2016/1/25 ほんの気持ち修正しました)


  • 製作年: 2015
  • 日本公開日:2016/1/9
  • 上映時間:67分
  • 監督:石浜真史
  • 声の出演:花守ゆみり、種田梨沙、佐倉綾音、茅野愛衣
  • 概要:電子世界でアンチウィルスの女の子2人がウィルスと戦ってたら知らない女の子がやってきてイチャイチャする話(適当)

評価:6/10(考えるな感じろ)
オススメ:声優好き(特に種田梨沙と佐倉綾音ファン)、萌イラスト好き(特にカントク先生のファン)、エンジェルウォーズ」が好きな同志

概要が既によくわからない。

最初に言っておきますが、ぶっちゃけこの映画評判よくないです。
魔法少女まどか☆マギカ等をアニメを普段見ない一般の方々に普及するために日々布教活動を行ってる私ですが、これは観なくても大丈夫です。
ぶっちゃけほとんどの人は観ても後悔しか残らないと思います。
でも、絶対に声を大にしてオススメしたい層が2つだけあります。

一つはアニメでストーリーではなく声優や所謂作画で選ぶ方々
もう一つはエンジェルウォーズが好きだった人です。
いや、マジでエンジェルウォーズの再来かと思って一人歓喜していた私がいます。
ただ、問題はエンジェルウォーズが好きだった人がそもそもいないことなんだけど・・・

にとり的注目ポイントは

  1. 美少女×圧倒的アクション
  2. +深読みできなくもないストーリー
  3. =(控えめに言っても)アニメ版エンジェルウォーズ

です。ますます意味がわからないですね!

以下詳しく解説します。

続きを読む →