「世界から猫が消えたなら」感想-失って気づく大切なもの

今日は「世界から猫が消えたなら」を紹介します。


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/5/14
  • 上映時間:103分
  • 監督:永井聡
  • 出演:佐藤健、宮崎あおい、濱田岳、奥野瑛太、石井杏奈、奥田瑛二、原田美枝子
  • 概要:余命が僅かになった僕(佐藤健)の目の前に突然同じ姿をした悪魔(佐藤健)が現れる。悪魔に本来は明日僕が死ぬこと、そして世界から彼が指定するものと引き換えに寿命が1日伸ばせると告げられる。

評価:9/10
オススメ:心浄化されたい人

最近は猫映画が増えてきているらしいですね。数年前「DOG POLICE」や「わさお」といった犬映画が量産された年がありました。まぁ、ほとんどク◯映画だったのですが…(「星守るいぬ」はよかった)

そんなわけで動物大フィーチャー映画はロクな思い出がないので、今回の映画は不安半分といったところでした。

半分希望を持てたのは東宝の名物プロデューサー川村元気が原作である事と永井聡監督であるということ。
川村元気は数々の地雷映画を生み出す東宝の中では圧倒的当たり映画を量産している方で「電車男」、「悪人」から近作では「バケモノの子」、「バクマン。」なんかも彼のプロデュースです(本作はキャスティングのスタッフとして参加)。
永井聡は元々CMディレクターだったのですが、長編映画監督としてのデビュー作「ジャッジ!」が個人的にドツボ(世間的には作中のギャグが受け入れられるかで意見が分かれた)だったので、凄く注目してた監督の一人でした。

あ、ちなみに舞台挨拶も行ってきたのですが、佐藤健君がとにかく天使だった(真顔
最後に舞台挨拶で健君が明かしてくれたあるネタも紹介します。

※以下、ネタバレあり

続きを読む →

スポンサーリンク