「テラフォーマーズ」感想-映倫は死んだ

こんにちは。
今回は「テラフォーマーズ」の紹介。

最初に言いたいけど、私はこの映画大好きです。
色々理由はありますが、一番はこの映画かなりグロかったから。(※全年齢対象映画です


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/4/29
  • 上映時間:109分
  • 監督:三池崇史
  • 出演:伊藤英明、武井咲、山下智久、山田孝之、ケイン・コスギ、菊地凛子、加藤雅也、小池栄子、篠田麻里子、滝藤賢一、太田莉菜、福島リラ、小栗旬他
  • 概要:21世紀、人口爆発によって人類は火星にコケと”ある生物”送り込む火星移住計画を進めていた。それから500年。火星移住計画の最終段階として”ある生物”を駆除するため15人の日本人が送り込まれた…

評価:8/10
オススメ:アクションが好きな方

当たり外れがあまりにも激しすぎる事で有名な三池崇史監督最新作です。
前回の「極道大戦争」は傑作だっただろ!いい加減にしろ!

しかも主演にあの伝説のR15映画「悪の教典」で三池監督と手を組んだ伊藤英明が再度降臨。
脇にハリウッド映画にも出演している福島リラや菊地凛子、超個性派の小栗旬や山田孝之という豪華というかとにかくインパクトのデカい俳優を入れてきた印象です。
ここに武井咲と山Pが入り込むイメージがつかなかった…観る前は。安心してください、ちゃんと活躍してますよ!
それから超個人的に大好きな滝藤賢一先生が超変態クソ野郎を演じられております。64の予告編見すぎて早く本編で「早くやれウスノロ」って罵られるの待ってます(はぁと

脚本は劇団☆新感線をはじめアニメ「グレンラガン」や「キルラキル」、特撮「仮面ライダーフォーゼ」で有名な中島かずき。
彼のおかげかテンポもかなりよく、勢いのある作品になっています。
彼の作品のノリについていけるならこの作品もノレるはずです。
さらにナレーションにガンダムのシャア・アズナブルで有名な池田秀一がいるので、アニメファンの方々にもオススメですよ!

さて、テラフォーマーズと言えば、アニメ版では黒丸で残酷描写を覆い隠す表現で、大いに荒れました。
そんなアニメ版を観た人達も三池崇史監督と聞いて一度上がるテンション。
しかし、映倫から「テラフォーマーズはG(全年齢対象)」と聞いた瞬間のへし折られたテンション…すごくわかります。
でも待ってください。三池監督は前回の「悪の教典」でも、今までのR15とは比べ物にならないアウトぷりを披露しました。

そう、三池監督は私達を見捨てなかった。今回の映倫に対する挑戦は「悪の教典」を上回っています。というか、もはや映倫は殺されたのではないのだろうか。
映倫は死んだのだ。いくら呼んでも帰っては来ないんだ…そんな一作でした。

さすがに直接的すぎるものは無かったのですが、誤魔化し方がうますぎるのです。
あのグロ映画として早くも伝説になりつつある「アイアムアヒーロー」(後日感想公開予定)とも善戦できる気がします。
先に「アイアムアヒーロー」観たから間違いないです。
(この辺りは後述します)

この映画が「アイアムアヒーロー」と同じくテレビや新聞というマスメディア資本が入ってないから色々リミッター外しても良かったのかもしれません。あくまでも全年齢対象です。でも、
全然子供には観せられねーよ!!!
逆にマスコミ資本無しで、しかもこの内容でよくこれだけの俳優集めたな…なんか俳優のほうが断りそうな案件だもん。

※前説長くなりましたがここからネタバレ解説ゾーン

続きを読む →

「残穢-住んではいけない部屋-」感想-根の部分は繋がっている

こんにちは。
突然ですが、怖い話って好きですか?
私は苦手です。逃げたいとかじゃなくて、真逆で動じなさすぎて楽しめないんです。
ホラーってやっぱ怖がってこそ楽めるもんじゃないですか、少なくとも私はそう思ってます。

そんな私が楽しく怖がれた映画が先週末公開されたばかりの「残穢-住んではいけない部屋-」です!
まじでこの映画面白かったです。普段実写邦画を観ない方にも全力で勧めたいです。


  • 製作年:2016
  • 日本公開日:2016/1/30
  • 上映時間:107分
  • 監督:中村義洋
  • 出演:竹内結子、橋本愛、坂口健太郎、滝藤賢一、佐々木蔵之介他
  • 概要:「私」に届いた久保さん(橋本愛)の手紙から始まる。久保さんの部屋から奇妙な音がするという…

評価:8/10(怖楽しい)
オススメ:ホラーが好きな方、そうじゃない方も

この映画、感想サイトやTwitter見てると人によっては本当に夜眠れなくなるという事態が起きています。それぐらい怖いってやつです。
私?いや、別に普通に寝てますけど…
個人的には自分が「怖い」 という感情が存在していたことに歓喜したりしましたね。ホラー観た後(多分)超笑顔。

ちなみに、最初正直この作品全く期待してませんでした(失礼)。むしろ今年のワースト映画を観に行く位の心持ちでしたから。
中村義洋監督の作品自体がそもそも苦手でなんです。(明日、「ゴールデンスランバー」紹介しますので詳しくはそこで)
さらに橋本愛×ホラーって映画好きには割とトラウマものですよね…
まぁ、それでも橋本愛が可愛いので観る以外の選択肢が無かったんですけどね。

にとり的ポイントは

  1. 本好きにたまらない設定
  2. ミステリー仕立てのストーリー
  3. エンドロールも怖い

です。以下解説。

続きを読む →