「うつくしいひと」感想-在りし日の記憶

今日は「うつくしいひと」を紹介します。


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/3/4
  • 上映時間:40分
  • 監督:行定勲
  • 出演:橋本愛、姜尚中、米村亮太朗、高良健吾、石田えり他
  • 概要:問屋街の二階にある探偵事務所の玉屋末吉(高良健吾)の元にある日、依頼人が現れる。それは熊本県を揺るがしかねない事件だった。一方、大学生の透子(橋本愛)がアルバイトをしている喫茶店兼本屋に黒いコートの男性(姜尚中)が現れる…

評価:8/10(甘めです)
オススメ:今、日本人が観るべき映画

元々熊本県出身の行定勲を中心に作成された純粋な熊本県のPR映画です。
そう、制作当時は熊本地震が起こるなんて誰も想像してなかったわけです。
映画が完成したのは2016年、作中の映像は2015年に撮影されたもので、まさに最近まで熊本に「あった」自然や建物が映っているのです。

本作の鑑賞料金1,000円は映画の製作委員会を経由して、熊本県に寄付されるとのこと。
熊本に寄付した上に、実質タダで映画まで観れてしまうんだぜ。なんというサプライズ。

話自体は実にシンプルなのですが、個人的には懐かしさとか相まってなんとも言えない気持ちです。
熊本と浅からぬ縁があるわけなので、それなりに細かいネタもツッコんでいきます。

なお今回も橋本愛がかわいいので、それだけで観る価値は十二分でしょう。

※以下、完全ネタバレ

続きを読む →

スポンサーリンク

「Another アナザー」感想-とりあえず映倫は仕事しろ

こんにちは。

今日も「残穢」に絡めて映画紹介。
残穢では作中に「私」(竹内結子)の夫・直人(滝藤賢一)が出てきますが、これは私のモデル=原作者の小野不由美の実の旦那さんに当たる綾辻行人がモデルになっています。

綾辻行人はミステリー作家なのですが、奥さんの小野不由美がホラー作家なので、それに影響されてかホラーを書いてたりします。しかも小野不由美の地元大分がモデルらしいです。
それが今回紹介する「Another アナザー」です。
ヒロインは残穢にも出ていた橋本愛が、主人公は今や大人気山崎賢人君です!


  • 製作年:2012
  • 日本公開日:2012/8/4
  • 上映時間:109分
  • 監督:古澤健
  • 出演: 山崎賢人、橋本愛、袴田吉彦、加藤あい他
  • 概要:転校してきた榊原恒一(山崎賢人)は病院で見崎鳴(橋本愛)と会う。後日見崎鳴と再会するが、彼女はクラスメートだけでなく担任からもいないものとして扱われていた…

評価:2/10(橋本愛可愛い)
オススメ:グロいのがいける方

多分、みなさん予想してた評価だとは思いますが・・・

さて、この映画は本気で語るところがないのですが…
それでも2点あるのはひとえに橋本愛が可愛いからに他なりません。

ポイントは特に無いです(待て
以下適当につらつら書きます。

※以下愚痴(本作のファンの方いたらごめんなさい) 

続きを読む →

「残穢-住んではいけない部屋-」感想-根の部分は繋がっている

こんにちは。
突然ですが、怖い話って好きですか?
私は苦手です。逃げたいとかじゃなくて、真逆で動じなさすぎて楽しめないんです。
ホラーってやっぱ怖がってこそ楽めるもんじゃないですか、少なくとも私はそう思ってます。

そんな私が楽しく怖がれた映画が先週末公開されたばかりの「残穢-住んではいけない部屋-」です!
まじでこの映画面白かったです。普段実写邦画を観ない方にも全力で勧めたいです。


  • 製作年:2016
  • 日本公開日:2016/1/30
  • 上映時間:107分
  • 監督:中村義洋
  • 出演:竹内結子、橋本愛、坂口健太郎、滝藤賢一、佐々木蔵之介他
  • 概要:「私」に届いた久保さん(橋本愛)の手紙から始まる。久保さんの部屋から奇妙な音がするという…

評価:8/10(怖楽しい)
オススメ:ホラーが好きな方、そうじゃない方も

この映画、感想サイトやTwitter見てると人によっては本当に夜眠れなくなるという事態が起きています。それぐらい怖いってやつです。
私?いや、別に普通に寝てますけど…
個人的には自分が「怖い」 という感情が存在していたことに歓喜したりしましたね。ホラー観た後(多分)超笑顔。

ちなみに、最初正直この作品全く期待してませんでした(失礼)。むしろ今年のワースト映画を観に行く位の心持ちでしたから。
中村義洋監督の作品自体がそもそも苦手でなんです。(明日、「ゴールデンスランバー」紹介しますので詳しくはそこで)
さらに橋本愛×ホラーって映画好きには割とトラウマものですよね…
まぁ、それでも橋本愛が可愛いので観る以外の選択肢が無かったんですけどね。

にとり的ポイントは

  1. 本好きにたまらない設定
  2. ミステリー仕立てのストーリー
  3. エンドロールも怖い

です。以下解説。

続きを読む →