「ハーモニー」感想-もはや哲学的な何か

アニメ映画のレビューが最近ご無沙汰な気がしたけどそんなことはなかった(挨拶)

さて、今日は現在青森(3月からの上映でした)、静岡、地元和歌山、そして沖縄という島根入れるといい感じで田舎サミットな感じのとこで上映中のアニメ映画「ハーモニー」の紹介。
全国公開は11月で私は全国公開時に新宿で観ました(当時は東京在住)


  • 製作年:2015
  • 日本公開日:2015/11/13
  • 上映時間:120分
  • 監督:なかむらたかし、マイケル・アリアス
  • 声の出演:沢城みゆき、上田麗奈、洲崎綾、榊原良子、大塚明夫、三木眞一郎、チョー、森田順平他
  • 概要:学生時代圧倒的なカリスマを誇っていた御冷ミァハ(上田麗奈)、そしてそれに共感した霧慧トァン(沢城みゆき)、零下堂キァン(洲崎綾)は社会に抵抗するため3人で自殺しようとするものの、ミァハ一人だけが死に、2人は助かる。13年後WHOの監査官になったトァンは謹慎中の日本でかつてのキァンに再会する。一緒に食事する2人だったが、突然キァンが「ごめんね、ミァハ」という言葉を残し自殺する。トァンは世界規模で起きた自殺テロに死んだはずのミァハの影を重ね事件を追う。

評価:8/10
オススメ:全ての人(ただし、精神的体力が残ってる時に)、ミステリー好きな方

この映画は去年鬱映画としても話題になりましたが、実際気分塞いでる時に観に行くと本当に精神が死にます(体験談)

にとり的ポイントは

  1. Project Ito
  2. トァンとミァハ
  3. 理想の世界とは

です。
以下解説です。
※ネタバレあり

続きを読む →

スポンサーリンク