「GANTZ:O」感想―内容云々より大阪への愛を感じた

こんにちは。

今日は「GANTZ:O」を紹介します。


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/10/14
  • 上映時間:96分
  • 総監督:さとうけいいち
  • 監督:川村泰
  • 声の出演:小野大輔、M・A・O、郭智博、早見沙織、池田秀一、ケンドーコバヤシ、レイザーラモンHG、レイザーラモンRG、梶裕貴他
  • 概要:加藤勝(小野大輔)は地下鉄で通り魔事件に出逢い命を落とす。目覚めると黒い玉のある部屋にいた。そこで出会った東京チームと共に大阪に転送された加藤は星人とのサバイバルゲームに巻き込まれていく…

評価:9/10
オススメ:グロに多少耐性あれば躊躇う必要なし

実は私「GANTZ」原作知らなくて、しかも例の実写版も観てないんです。
(あれはトラウマ邦画量産機の渡辺雄介大先生が脚本と聞いただけで、ちょっと…)

ただこっちはドラマ・映画版「謎解きはディナーのあとで」や「ONE PIECE FILM GOLD」、オリジナルだと「僕のヤバい妻」も書いてる脚本家、黒岩勉氏ということ。
個人的には好きな脚本家の一人なんでハードルチョイあげで行きました。
まぁ、「僕のヤバい妻」は結構驚きもあってよかったのですが、「謎解きはディナーのあとで」や「ONE PIECE FILM GOLD」は割と細かいとこ飛ばしてノリと勢いだけでやってるので好き嫌いはある方ですけど。私は好きなんですけどね。

余談ですが、「僕のヤバい妻」は放送前和製ゴーン・ガールとか言われてましたけど、ゴーン・ガールと違って登場人物が揃いも揃ってクズしかいなかったですけどね(褒めてる

総監督は「TIGER&BUNNY」、映画「聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY」のさとうけいいち。
アニメは「大乱闘スマッシュブラザーズ」や「鉄拳」シリーズのCGを手がけてきたデジタル・フロンティアによるフル3DCGなのですが、アニメ絵重視の亜人や逆にリアルにこだわったファイナルファンタジーのフル3DCGと違って萌えとリアルが両立した圧倒的映像美が楽しめます。これだけで観る価値アリ。

 

※以下、ネタバレあり

続きを読む →

スポンサーリンク

「アクセル・ワールド INFINITE∞BURST」感想―誰もが望まなかった「あらすじ」

こんにちは。お久しぶりにも程がありますね。

さて、公開前から私一人騒ぎまくっていた「アクセル・ワールド INFINITE∞BURST」遂に公開しましたね!
既にほとんどの映画館で上映終了した上に、Blu-rayも発売しましたが


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/7/23
  • 上映時間:82分
  • 監督:小原正和
  • 声の出演:三澤紗千香、梶裕貴、豊崎愛生、浅沼晋太郎、日高里菜、遠藤綾、原由実、赤崎千夏他
  • 概要:ネットワーク上の仮想世界「ブレイン・バースト」で戦うハルユキ(梶裕貴)達はある日突然漆黒の竜巻に巻き込まれブレイン・バーストに接続できなくなってしまう。その竜巻は徐々にブレイン・バースト世界全体に広がっていった…

評価:2/10
オススメ:アクセル・ワールドのファン

本当ね、原作もアニメも大好きです。

原作の著者は「ソードアート・オンライン」で有名な川原礫先生。
でも個人的にはSAOよりも「アクセル・ワールド」の方が好きです。
「このライトノベルがすごい!」には毎年「アクセル・ワールド」への愛をぶつけています。
(ここ数年の「このライトノベルがすごい!」のアクセル・ワールドの欄に出てくる20代男性のコメント半分ぐらいは私のです)

そんな私が喜んで映画公開初日に観に行ったのですが、前半にとんでもない試練が待っていたのです…

※以下、原作を含めたネタバレあり
※不快な表現あり

続きを読む →

「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ」感想-真摯に向き合うこと

こんにちは。お久しぶりです。最近はもちろんポケモンGOにハマっております。
なので、今回は久々に映画、しかもビッグウェーブに乗って今年のポケモン映画を紹介!

ではまず今日はポケモン映画の紹介をする前に一つお知らせがあります。

大手映画レビューサイトのFilmarksさんでポケモン映画の特集があり、なんと私が5作+新作の紹介文を書かせていただきました!

特集記事はこちら

こういう機会をくださったFilmarks様には感謝感激でございます。ありがとうございます!

では改めて「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ」の紹介です。


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/7/16
  • 上映時間:97分
  • 監督:湯山邦彦
  • 声の出演:松本梨香、大谷育江、牧口真幸、梶裕貴、伊瀬茉莉也、林原めぐみ、三木眞一郎、犬山イヌコ、市川染五郎、中川翔子、松岡茉優、山寺宏一他
  • 概要:ポケモンマスターを目指すサトシ(松本梨香)達の前にボルケニオン(市川染五郎)が落ちてくる。ボルケニオンはマギアナを助けようとして落ちてきたのだった。マギアナをすぐに追いかけようとするボルケニオンだったがなぜかサトシが引っ張られていって…

評価:7/10
オススメ:ポケモンファンの皆さん

Filmarksでは制約上短いコメントだったこともあって、ブログではさぞ充実したレビューを期待される方もいることでしょう。
しかしながら、ブログを見たことある方ならわかりますが、基本的に作品の勢いとエロが大事とか言ってる万年少年みたいな人間ですからね…期待はしないでお願い。

しかもまともなレビュー記事書くの2ヶ月ぶりでもはやどう書いたらいいかもわかってないですからねぇ…

※以下、一応ネタバレはあるのでご注意

続きを読む →

「ずっと前から好きでした~告白実行委員会~」感想-最強胸キュン映画

こんにちは。
コナンやしんちゃんを皮切りにGW映画ラッシュが続いていますね。
今日はそんな中から「ずっと前から好きでした~告白実行委員会~」を紹介します。


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/4/23
  • 上映時間:64分
  • 監督:柳沢テツヤ
  • 声の出演:神谷浩史、戸松遥、梶裕貴、阿澄佳奈、鈴村健一、豊崎愛生、代永翼他
  • 概要:榎本夏樹(戸松遥)は幼馴染の瀬戸口優(神谷浩史)に片思い中。思い切って告白しようとするものの、素直になれなくて告白の「練習」と言ってごまかしてしまう。夏樹は「本番」を迎える事ができるのか…

評価:9/10
オススメ:中高生、あの頃の輝きが忘れられない方

原作は中高生中心に大人気のクリエイター集団・Honey Worksの楽曲達が元になっています。
彼らの音楽はキャッチーなメロディに「胸キュン青春系」と呼ばれる等身大の高校生を写したような歌詞、そして可愛いイラストの相乗効果が素晴らしいです。
動画再生数は累計1億回、コミケに出ようものなら長蛇の列(しかもその列だけ年齢層が尋常じゃなく若い)という人気っぷりです。

私は「アオハライド」なんかもそうなんですが、こういう「胸がキュン↑キュン↑(CV.松岡禎丞)」するような映画が大好きで定期的に観ないと死にます。(中の人の年齢に対するツッコミはご遠慮ください)

この映画少し面白くて、初回を観た人達(自分も含め)が超高評価で、Yahoo!映画を含めてほぼ満点状態で、Twitterの評価もかなりよかったです。
しかし、この評判を知った映画ファンやアニメファンのおじさん達が釣られて土曜の昼以降に鑑賞した結果、見事に死屍累々状態に。南無。
おかげ(?)でレビューサイトの評価点は普通に落ち着きましたがw

おじさん達が死んだ理由、この手の映画には自分達大人には一生手に入らない「青春の輝き」があるのです、そのまばゆさに心えぐられる人が多いとか…。まぁ、ぶっちゃけ観る前に身の丈知った方が幸せですよ(自分の事は棚に上げた)。

※以下ネタバレあり
※色々語っていますが、要は「最高だから、みんなも観ようぜ!」って意味です。ただし前述の通り心の老いた耐性のない人にはキツいです。

 

続きを読む →