「湯を沸かすほどの熱い愛」感想―溢れる愛に涙が止まらない

泣いた。ボロボロ泣いた。
映画でこんなに泣くとは思わなかった。

今日は「湯を沸かすほどの熱い愛」を紹介。


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/10/29
  • 上映時間:125分
  • 監督:中野量太
  • 出演:宮沢りえ、杉咲花、篠原ゆき子、駿河太郎、伊東蒼、松坂桃李、オダギリジョー他
  • 概要:銭湯を営む幸野家だったが、父の一浩(オダギリジョー)が蒸発し、休業状態。母の双葉は持ち前の明るさでパートをしながら娘の安澄(杉咲花)を育てていた。しかし、ある日双葉が末期がんで余命を宣告される。そこから双葉は「絶対にやっておくべきこと」を決め実行に移していく…

評価:11/10
オススメ:全員いいから今すぐ観ろ

今年の映画No.1は本作です。
(残りの日付から目を反らしつつ)

ぶっちゃけ、最初あまり魅力的には感じなかったのです。
だってまずポスターが地味だし、余命を申告された母親が~ってうっすいお涙ちょうだいモノにしか見えなかったですもん。
今はそんな自分を殴り飛ばしたいです。

宮沢りえをはじめとしたキャスト陣も素晴らしいです。
杉咲花は繊細ででも数々の困難に立ち向かう学生を演じています。
オダギリジョーは「奇跡」や「舟を編む」の感じの彼が好きなら絶対本作の彼も好きになれます。冒頭不倫して蒸発してるんだけど。
松坂桃李君も出る映画にはなかなか傑作と呼べるものがなかったので本当によかった…(「ガッチャマン」の闇に触れるのはやめよう)

中盤までに出てくる細かいネタが後半全部生きてくる脚本もとにかく秀逸。
詳しくはネタバレ部で語りますが、まぁ、本当に何気ないシーンが全部生かされてくるの本当に凄いから。

ちなみに観る前に篠原ゆき子が演じる役名知らないと他の方より一度多く驚けるので、ホームページとか極力見ない方がお得です。

※一人でも多くあの感動を味わって欲しいからこそあえて詳しくは語りません

続きを読む →

「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」感想-ゆきあつ。

今日は「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」の紹介をする前に一つ。

重大なネタバレしてしまって大変申し訳ございません!

「えっ、どこがネタバレなの?」って疑問に思った方はおそらく大丈夫なので、このまま紹介させてください。
「おい、そういうことかよ!どうしてくれるんだよ!」って思った方もとりあえず解説させてください。ね。
だって言わずにはいられなかった…


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/4/29
  • 上映時間:109分
  • 監督:金子修一
  • 出演:野村萬斎、宮迫博之、安田章大、杉咲花、木村文乃、ちすん、梶原善、風間杜夫、高畑淳子他
  • 概要:物や場所に残った記憶、それが残留思念。仙石和彦(野村萬斎)はその残留思念を読み取ることができる特殊能力を持っていた。一時期はお笑いコンビ「マイティーズ」を組み、その能力を芸として活かしていたが、コンビ解散後は引きこもり生活を送っていた。一方、元相方の丸山竜二(宮迫博之)は解散後ピン芸人として活動するも鳴かず飛ばずだった。ある日丸山のいる事務所に秋山亜美(杉咲花)という女子高生が「人を探して欲しい」と訪れてきて…

評価:6/10
オススメ:古沢良太ファン、新しい野村萬斎が観たい方、アニメオタクな方

本作の主演は「陰陽師」、「のぼうの城」でおなじみ野村萬斎です。
彼の演技は誰が見てもインパクトのある演技で有名ですね。
そんな彼がラノベにいそうなヘタレ系引きこもり(ちゃんと理由はありますがそのあたりは後述)主人公を演じてるだけで本作には価値があると思います。

あまり推理的な要素で言えば若干薄いのですが、話の展開は上手く引き込んできます。
何より原作のないオリジナル作品なので、色々考えながら楽しめます。話の流れ自体を推理するのは楽しいですし。

まぁ、タイトルにも書いた件で色々台無しすぎるんだけど。
逆にタイトルの意味がわかり、ヘタレ引きこもり主人公とどっちかというとアニメオタクに全力で勧めるべき映画なのではないのでしょうか。

※以下途中までは微ネタバレ
※後半の重大なネタバレは改めて警告入れてますので、途中までは読んでも大丈夫です

続きを読む →