「ラブライブ! The School Idol Movie」感想-限られた時間の中で精一杯輝く

こんにちは。
μ’sのラストライブがいよいよ3月31日、そして4月1日に東京ドームで行われますね。
今日は「ラブライブ! The School Idol Movie」 を紹介します。


  • 製作年:2015
  • 公開日:2015/6/13
  • 上映時間:99分
  • 監督:京極尚彦
  • 声の出演:新田恵海、南條愛乃、内田彩、三森すずこ、飯田里穂、Pile、楠田亜衣奈、久保ユリカ、徳井青空他
  • 概要:音ノ木坂学院を廃校の危機から救った高坂穂乃果(新田恵海)をはじめとするμ’sは、第二回ラブライブ!で遂に優勝した。そして3年生の卒業が迫っていた…

評価:9/10(ファンはハンカチマスト)
オススメ:「ラブライブ!」、μ’sファン

本作はテレビ版の純然たる続編であり、かつ「ガールズ&パンツァー」や「たまこラブストーリー」みたいに劇場版だけで楽しめるようなラッキーは残念ながら起きません。
なので、気になった方は是非テレビ版をまず観てください。
それこそガルパンやたまこと違ってテレビ版から凄くいい話なのでオススメです。

本作でμ’sを務めた9人は実際にアニメを飛び出して現実でライブ活動を行っていました。(厳密にはキャラと小説が原作で声優の彼女達の活動が先で、アニメは一番後発)
その声優たちによるリアルμ’sも東京ドームでのライブを最後にライブ活動を終えると発表しています。
(ただし、μ’s自体が解散するとは言ってなければ、活動休止とも言ってないのでそこはどうなるのでしょうか…)

「ラブライブ!」は青春ものとしても優秀です。
やはり限られた時間の中で苦悩と挫折を経験しながら成長していく素晴らしさが青春もののいいところですよね!
同じく音楽、女子高生と符号にしておきながら話の山も谷もなかったけい◯んとは違うのだよ!け◯おんとは!映画としては最悪だったよ!(テレビアニメ自体は好きです)

※以下、一応ネタバレ

続きを読む →

スポンサーリンク