「リップヴァンウィンクルの花嫁」感想-この世界は優しい

こんにちは。
今日は「リップヴァンウィンクルの花嫁」のご紹介。

本作は上映時間3時間という長尺なのですが、大体3時間前後の映画(大体150分~180分)って良作の割合が多いイメージがあります。
例えば、今まで観た映画では「アバター」、「涼宮ハルヒの消失」、「カラスの親指」といったどれも素晴らしい作品揃い。「戦場にかける橋」は3時間映画筆頭格ですね。
なので、上映時間3時間にひるまず、むしろ3時間映画は当たりと思って観に行ってください。それが一番言いたかった。
(マイケル・ベイの「トランスフォーマー」シリーズだって面白いだろ!!!ク◯映画とか言うな!)


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/3/26
  • 上映時間:180分
  • 監督:岩井俊二
  • 出演:黒木華、綾野剛、Cocco他
  • 概要:派遣教員の皆川七海(黒木華)はSNSで知り合った男と結婚する。しかし、結婚式に呼ぶ親族がいなかった七海は同じくSNSで知り合ったなんでも屋の安室(綾野剛)に結婚式の代理出席を依頼する…

評価:6/10
オススメ:嘘つきな人達、いつも流されてる人達

有名な日本監督の一人である、岩井俊二監督最新作です。
「スワロウテイル」や「花とアリス」といった人気作他、東北大震災復興ソングの「花は咲く」の作詞も手がけています。
有名な大物監督でありながら映画ファンからの人気も高いのが他の監督との大きな違いですね。(他の監督は大体映画ファンからは嫌われてる人多い…)

本作は映画ファンの心をわしづかみにし既に邦画とは思えないぐらい評価が高いです。
なので、私も観に行ったのですが、10点とまではいかなかったです。
それどころか6点って… 一部の方々から私の存在を消されるのではないかって気がしなくもないですが、ちゃんとご説明しますので。

でも、間違いなく言えるのはストーリーは傑作レベルです。ストーリー、は。
あと、メイド服と百合が好きな方で普段2次元にしか興味ない方も意外と楽しめるかもしれません。(ただし前半生き残れたら)

※以下ネタバレにつき未鑑賞の方の閲覧をご遠慮頂いております。

続きを読む →

スポンサーリンク