「GANTZ:O」感想―内容云々より大阪への愛を感じた

こんにちは。

今日は「GANTZ:O」を紹介します。


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/10/14
  • 上映時間:96分
  • 総監督:さとうけいいち
  • 監督:川村泰
  • 声の出演:小野大輔、M・A・O、郭智博、早見沙織、池田秀一、ケンドーコバヤシ、レイザーラモンHG、レイザーラモンRG、梶裕貴他
  • 概要:加藤勝(小野大輔)は地下鉄で通り魔事件に出逢い命を落とす。目覚めると黒い玉のある部屋にいた。そこで出会った東京チームと共に大阪に転送された加藤は星人とのサバイバルゲームに巻き込まれていく…

評価:9/10
オススメ:グロに多少耐性あれば躊躇う必要なし

実は私「GANTZ」原作知らなくて、しかも例の実写版も観てないんです。
(あれはトラウマ邦画量産機の渡辺雄介大先生が脚本と聞いただけで、ちょっと…)

ただこっちはドラマ・映画版「謎解きはディナーのあとで」や「ONE PIECE FILM GOLD」、オリジナルだと「僕のヤバい妻」も書いてる脚本家、黒岩勉氏ということ。
個人的には好きな脚本家の一人なんでハードルチョイあげで行きました。
まぁ、「僕のヤバい妻」は結構驚きもあってよかったのですが、「謎解きはディナーのあとで」や「ONE PIECE FILM GOLD」は割と細かいとこ飛ばしてノリと勢いだけでやってるので好き嫌いはある方ですけど。私は好きなんですけどね。

余談ですが、「僕のヤバい妻」は放送前和製ゴーン・ガールとか言われてましたけど、ゴーン・ガールと違って登場人物が揃いも揃ってクズしかいなかったですけどね(褒めてる

総監督は「TIGER&BUNNY」、映画「聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY」のさとうけいいち。
アニメは「大乱闘スマッシュブラザーズ」や「鉄拳」シリーズのCGを手がけてきたデジタル・フロンティアによるフル3DCGなのですが、アニメ絵重視の亜人や逆にリアルにこだわったファイナルファンタジーのフル3DCGと違って萌えとリアルが両立した圧倒的映像美が楽しめます。これだけで観る価値アリ。

 

※以下、ネタバレあり

続きを読む →

「劇場版 “文学少女”」感想-色々もったいない

今日は家にあった「劇場版”文学少女”」を紹介します。
原作はライトノベルです。この文学少女シリーズはあまりにも愛が深すぎるので語り始めると1日が終わるので割愛しますが、それだけ好きな作品です。


  • 製作年:2010年
  • 公開日:2010/5/1
  • 上映時間:103分
  • 監督:多田俊介
  • 声の出演:花澤香菜、入野自由、平野綾、水樹奈々、小野大輔、豊崎愛生、宮野真守、伊藤静、下田麻美他
  • 概要:高校に入学したばかりの井上心葉(入野自由)は木蓮の木の下で本を読んでいる少女・天野遠子(花澤香菜)と出会う。彼女は秘密を見た井上を監視と称し自らが部長を務める文学部に強制入部させる。時は流れ、天野が卒業を控えた冬、ポストに謎の絵が書かれた手紙が入れられる…

評価:3/10(色々残念)
オススメ:宮沢賢治が好きな方

この作品って初めてのアニメ化なんで「テレビシリーズ観てるの前提!」みたいなの無いんですけど、
どう見ても「原作読んでる前提!」みたいになってしまっていて、逆に原作読んでると物足りないところだらけで発狂するというどこに向けた作品かよくわからなくなってしまってます。

あとは宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」と「よだかの星」を読んでいるかどうかでも大分変わってきます。
むしろ原作そっちのけで「銀河鉄道の夜」を抑えるのがベター。

※毎度お馴染み不愉快な表現が含まれている可能性があります。本作のファンの方ごめんなさい。
※いきなりネタバレしかしてません。それどころか原作シリーズのネタバレぶっ込みまくってます。
※本記事では天野遠子を敬意を込めて遠子先輩と呼んでいます。

続きを読む →