「テラフォーマーズ」感想-映倫は死んだ

こんにちは。
今回は「テラフォーマーズ」の紹介。

最初に言いたいけど、私はこの映画大好きです。
色々理由はありますが、一番はこの映画かなりグロかったから。(※全年齢対象映画です


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/4/29
  • 上映時間:109分
  • 監督:三池崇史
  • 出演:伊藤英明、武井咲、山下智久、山田孝之、ケイン・コスギ、菊地凛子、加藤雅也、小池栄子、篠田麻里子、滝藤賢一、太田莉菜、福島リラ、小栗旬他
  • 概要:21世紀、人口爆発によって人類は火星にコケと”ある生物”送り込む火星移住計画を進めていた。それから500年。火星移住計画の最終段階として”ある生物”を駆除するため15人の日本人が送り込まれた…

評価:8/10
オススメ:アクションが好きな方

当たり外れがあまりにも激しすぎる事で有名な三池崇史監督最新作です。
前回の「極道大戦争」は傑作だっただろ!いい加減にしろ!

しかも主演にあの伝説のR15映画「悪の教典」で三池監督と手を組んだ伊藤英明が再度降臨。
脇にハリウッド映画にも出演している福島リラや菊地凛子、超個性派の小栗旬や山田孝之という豪華というかとにかくインパクトのデカい俳優を入れてきた印象です。
ここに武井咲と山Pが入り込むイメージがつかなかった…観る前は。安心してください、ちゃんと活躍してますよ!
それから超個人的に大好きな滝藤賢一先生が超変態クソ野郎を演じられております。64の予告編見すぎて早く本編で「早くやれウスノロ」って罵られるの待ってます(はぁと

脚本は劇団☆新感線をはじめアニメ「グレンラガン」や「キルラキル」、特撮「仮面ライダーフォーゼ」で有名な中島かずき。
彼のおかげかテンポもかなりよく、勢いのある作品になっています。
彼の作品のノリについていけるならこの作品もノレるはずです。
さらにナレーションにガンダムのシャア・アズナブルで有名な池田秀一がいるので、アニメファンの方々にもオススメですよ!

さて、テラフォーマーズと言えば、アニメ版では黒丸で残酷描写を覆い隠す表現で、大いに荒れました。
そんなアニメ版を観た人達も三池崇史監督と聞いて一度上がるテンション。
しかし、映倫から「テラフォーマーズはG(全年齢対象)」と聞いた瞬間のへし折られたテンション…すごくわかります。
でも待ってください。三池監督は前回の「悪の教典」でも、今までのR15とは比べ物にならないアウトぷりを披露しました。

そう、三池監督は私達を見捨てなかった。今回の映倫に対する挑戦は「悪の教典」を上回っています。というか、もはや映倫は殺されたのではないのだろうか。
映倫は死んだのだ。いくら呼んでも帰っては来ないんだ…そんな一作でした。

さすがに直接的すぎるものは無かったのですが、誤魔化し方がうますぎるのです。
あのグロ映画として早くも伝説になりつつある「アイアムアヒーロー」(後日感想公開予定)とも善戦できる気がします。
先に「アイアムアヒーロー」観たから間違いないです。
(この辺りは後述します)

この映画が「アイアムアヒーロー」と同じくテレビや新聞というマスメディア資本が入ってないから色々リミッター外しても良かったのかもしれません。あくまでも全年齢対象です。でも、
全然子供には観せられねーよ!!!
逆にマスコミ資本無しで、しかもこの内容でよくこれだけの俳優集めたな…なんか俳優のほうが断りそうな案件だもん。

※前説長くなりましたがここからネタバレ解説ゾーン

続きを読む →

スポンサーリンク

「人生の約束」感想-繋がるって素晴らしい

こんにちは。
エキスポシティのNIFREL(ニフレル)も早く紹介したいのですが、他の方の紹介記事観たりTwitterでフォロワーさんと話してたら自分も「人生の約束」紹介したくなってきたので紹介します!


  • 製作年:2016
  • 日本公開日:2016/1/9
  • 上映時間:120分
  • 監督:石橋冠
  • 出演:竹野内豊、江口洋介、松坂桃李、優香、小池栄子、高橋ひかる、柄本明、ビートたけし、西田敏行他
  • 概要:主人公・中原祐馬(竹野内豊)に昔の親友からの電話がかかってくる。鬱陶しくて無視してたら後日彼が亡くなった事を知る。生前彼が曳山にこだわっていたことを知るが、彼のいた四十物町(あいものちょう)の曳山は西町に渡っていた。

評価:7/10(普通にいい話)
オススメ:TVドラマが好きな方、お祭大好きな方

自分でも概要真面目でびっくりした。

まー、例の如し映画ファンからの評価は悪く、一般の方々の評価は高めの典型的な日本のドラマ映画になっております。
監督はTVドラマで超有名な石橋冠監督。映画監督は初めてとか。でもTV観ない私が知るわけなかった。
でも、面白かったですよ、確かにツッコミどころはありましたけど。

あとは実際祭を見に行ったり、参加した人とそうじゃない人で感じ方が全然違うと思います。
私は前者で、地元・和歌山の祭を始め、大阪の岸和田だんじり祭はよく見に行ってました。
また、東京の神田祭、富岡八幡宮では実際に参加して町内会の皆さんと一日中神輿・山車を担いでた事もあります。

そんなお祭り大好きにとり的ポイントは

  1. 四十物町VS西町
  2. 最強の人材・ 沢井
  3. 曳山とつながる、ということ

です。
以下解説です。ナチュラルにネタバレ入ってます。

続きを読む →