「アイアムアヒーロー」感想-Fight For Liberty!

今日は「アイアムアヒーロー」を紹介します。


  • 製作年:2016
  • 公開日:2015/4/23
  • 上映時間:130分
  • 監督:佐藤信介
  • 出演:大泉洋、有村架純、吉沢悠、岡田義徳、片瀬那奈、片桐仁、マキタスポーツ、塚地武雅、徳井優、長澤まさみ他
  • 概要:ワクワク、ドキドキ、ZQN(ゾキュン)パニック!

評価:9/10
オススメ:グロ映画大好きっ子、ゾンビ映画大好きっ子

いやぁ、まさかこんな映画が日本映画として出てくるなんて誰が想像できたでしょうか。
ちなみに、本作かなりのグロ耐性がないと途中退場しかねないのでご注意を。

監督は佐藤信介。「GANTZ」や「図書館戦争」といった、近年では「るろうに剣心」の大友啓史監督と並び日本映画で数少ない迫力のあるアクション映画を生み出す方です。
また、脚本は野木亜紀子。「俺物語!!」、「図書館戦争」と原作の活かし方がとても上手く、原作ファン納得の実写映画を次々生み出しています。
そんな2人が「図書館戦争 THE LAST MISSION」以来のタッグで世に出す最新作です。
そんな「図書館戦争」スタッフから超絶グロ映画が飛び出してくるなんて夢にも思いませんでした。

しかも、この映画東宝が配給している点が凄いんです。
東宝といえば、東宝系列の映画館は300以上、東宝配給作品は必ず系列映画館で上映は強制、初週は何回以上、映画館の中でも一定のキャパのスクリーンでの上映を強制させるといった手法で全国の映画館の大きなスクリーンを占拠しています。
そんな東宝が実写映画作っては酷評されるというところでも映画ファンにはお馴染みです。たまに真面目な映画を作ってきますが、それらは言い換えれば無難なものも多かったのです。

本作はそんな東宝系列映画館で上映する映画でありながら、今まで全く観たことない映画を作り上げ、そして多くのスクリーンでそれを普及させるという超意欲作なのです。

さて、ゾンビ映画と言えばブラット・ピット様が主演の「ワールド・ウォーZ」や日本人にとってゾンビものの代表「バイオハザード」シリーズが真っ先に思い浮かぶ方も多いようで、実際本作と比較して説明している方もいらっしゃいます。
しかし、私自身は本作を観て真っ先に思い浮かべたのは前述の大作ゾンビ映画ではなく、B級映画の(個人的)傑作「ゾンビランド」です。

ゾンビランド [Blu-ray] ゾンビランド [Blu-ray]

Happinet(SB)(D) 2013-09-03
売り上げランキング : 13845

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ジェシー・アイゼンバーグはこういう変わった人間が似合いすぎます。

簡単に「ゾンビランド」を説明するとゾンビがはびこる世界で生き残るジェシー・アイゼンバーグ演じる主人公が同じく生き残った同じく元々社会のはみ出し者だった人間で旅をするロードムービーで、公開時はR15ですがアクション要素、グロ要素は弱めです。
でも、雰囲気的には前述の2作品よりは近いと思うのは私だけでしょうか。

閑話休題。
本作は前述の洋画よりもとにかくグロいのが特徴的で昨日紹介した「テラフォーマーズ」といい、徹底的に映倫に勝負を挑む姿勢が素晴らしいです。
「悪の教典」、「渇き。」は倫理・精神的にR15とは思えないアウトっぷりでしたが、本作は完全にビジュアル面でR15とは思えないアウトっぷりを発揮していて本当に日本映画でこういう映画が出た事自体を嬉しく思います。

※以下ネタバレ解説

続きを読む →