「劇場版 “文学少女”」感想-色々もったいない

今日は家にあった「劇場版”文学少女”」を紹介します。
原作はライトノベルです。この文学少女シリーズはあまりにも愛が深すぎるので語り始めると1日が終わるので割愛しますが、それだけ好きな作品です。


  • 製作年:2010年
  • 公開日:2010/5/1
  • 上映時間:103分
  • 監督:多田俊介
  • 声の出演:花澤香菜、入野自由、平野綾、水樹奈々、小野大輔、豊崎愛生、宮野真守、伊藤静、下田麻美他
  • 概要:高校に入学したばかりの井上心葉(入野自由)は木蓮の木の下で本を読んでいる少女・天野遠子(花澤香菜)と出会う。彼女は秘密を見た井上を監視と称し自らが部長を務める文学部に強制入部させる。時は流れ、天野が卒業を控えた冬、ポストに謎の絵が書かれた手紙が入れられる…

評価:3/10(色々残念)
オススメ:宮沢賢治が好きな方

この作品って初めてのアニメ化なんで「テレビシリーズ観てるの前提!」みたいなの無いんですけど、
どう見ても「原作読んでる前提!」みたいになってしまっていて、逆に原作読んでると物足りないところだらけで発狂するというどこに向けた作品かよくわからなくなってしまってます。

あとは宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」と「よだかの星」を読んでいるかどうかでも大分変わってきます。
むしろ原作そっちのけで「銀河鉄道の夜」を抑えるのがベター。

※毎度お馴染み不愉快な表現が含まれている可能性があります。本作のファンの方ごめんなさい。
※いきなりネタバレしかしてません。それどころか原作シリーズのネタバレぶっ込みまくってます。
※本記事では天野遠子を敬意を込めて遠子先輩と呼んでいます。

続きを読む →