「残穢-住んではいけない部屋-」感想-根の部分は繋がっている

こんにちは。
突然ですが、怖い話って好きですか?
私は苦手です。逃げたいとかじゃなくて、真逆で動じなさすぎて楽しめないんです。
ホラーってやっぱ怖がってこそ楽めるもんじゃないですか、少なくとも私はそう思ってます。

そんな私が楽しく怖がれた映画が先週末公開されたばかりの「残穢-住んではいけない部屋-」です!
まじでこの映画面白かったです。普段実写邦画を観ない方にも全力で勧めたいです。


  • 製作年:2016
  • 日本公開日:2016/1/30
  • 上映時間:107分
  • 監督:中村義洋
  • 出演:竹内結子、橋本愛、坂口健太郎、滝藤賢一、佐々木蔵之介他
  • 概要:「私」に届いた久保さん(橋本愛)の手紙から始まる。久保さんの部屋から奇妙な音がするという…

評価:8/10(怖楽しい)
オススメ:ホラーが好きな方、そうじゃない方も

この映画、感想サイトやTwitter見てると人によっては本当に夜眠れなくなるという事態が起きています。それぐらい怖いってやつです。
私?いや、別に普通に寝てますけど…
個人的には自分が「怖い」 という感情が存在していたことに歓喜したりしましたね。ホラー観た後(多分)超笑顔。

ちなみに、最初正直この作品全く期待してませんでした(失礼)。むしろ今年のワースト映画を観に行く位の心持ちでしたから。
中村義洋監督の作品自体がそもそも苦手でなんです。(明日、「ゴールデンスランバー」紹介しますので詳しくはそこで)
さらに橋本愛×ホラーって映画好きには割とトラウマものですよね…
まぁ、それでも橋本愛が可愛いので観る以外の選択肢が無かったんですけどね。

にとり的ポイントは

  1. 本好きにたまらない設定
  2. ミステリー仕立てのストーリー
  3. エンドロールも怖い

です。以下解説。

続きを読む →