「母と暮せば」感想-ファンタジーへの挑戦

今日は「母と暮せば」の感想です。
超有名な山田洋次監督最新作です。 私は「東京家族」が好きだったので観てみました。
今回は山田監督初のファンタジーらしい。ん?ふぁんたじぃ?


  • 製作年:2015
  • 公開日:2015/12/12
  • 上映時間:130分
  • 監督:山田洋次
  • 出演:吉永小百合、二宮和也、黒木華、浅野忠信、加藤健一他
  • 概要:長崎に原子爆弾が投下され、息子を亡くした伸子(吉永小百合)。3年後、死んだはずの息子・浩二(二宮和也)が突然現れる。それから浩二は度々現れ、過去の思い出話や今の話をしていく…

評価:4/10(ノリについて行けない)
オススメ:キャストが好きな方、管理人みたいにひねくれてない方

にとり映画賞の2015年ワーストランキングにランクインした本作、既にご覧になった方にはお察し、でしたね。

「ゴールデンスランバー」に続き世間では大変高評価な作品なんですが…ごめんなさい。
多分自分には合わなかったんです。
理由はちゃんと詳しく語っていきます。

にとり的ポイントは

  1. これは映画ですか?
  2. これはファンタジーですか?

です。

※以下毎度ながらネタバレ注意
※一部不愉快な表現が含まれていますので、本作のファンの方はごめんなさい

続きを読む →

スポンサーリンク