「ゴールデンスランバー」感想-この映画をハッピーエンドと言えるほど頭の中ハッピーではなかった

こんにちは。

昨日「残穢」の感想をご紹介したのですが、以前中村義洋監督と竹内結子が出ていた有名な映画がありまして。
そう中村義洋監督の代表作にして邦画の中でもかなり人気の高いあの作品ですね。
しかも「残穢」と同じく原作は山本周五郎賞を獲ってます。
本日はそんな「ゴールデンスランバー」についてご紹介します。


  • 製作年:2009
  • 日本公開日:2010/1/30
  • 上映時間:139分
  • 監督:中村義洋
  • 出演:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、香川照之他
  • 概要:首相暗殺の濡れ衣を着せられた青柳雅春(堺雅人)がとにかく逃げる。途中元恋人(竹内結子)や不思議な縁によって助けられつつ逃げるも徐々に佐々木一太郎(香川照之)率いる警察に追い詰められていく…

評価:3/10
オススメ:えーっと、日本人?(謎

皆さん「えっ」ってなったと思うんですよ。
傷物語はちょっと毒入ってしまったものの、映画ファンの評価乏しくない「人生の約束」 を褒める奴だから映画ファンも好きな「ゴールデンスランバー」ぐらい高評価だろうって思ったと思うんですよ。
でも、実際この映画観た私が「えっ」ってなりましたよ。

※この先不快な表現が使われている可能性があります。(本作のファンの方ごめんなさい)
※香川照之が毎度楽しそうなのは仕様です

にとり的ポイントは

  1. 強い絆の話だよ
  2. 堺雅人には笑顔が似合う
  3. 結局何も解決してない

です。

続きを読む →