「何者」感想―20代限定スーパートラウマ映画

こんにちは!
みなさん、就活ってされましたか?
多分もう二度と経験したくないと思った方は少なくないはず。私もそんな一人です(そう言いながらつい最近まで転職活動してましたが…)

そんな就活時代をもがき苦しんだ人を問答無用で地獄へ落とす何者」を紹介します。


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/10/15
  • 上映時間:98分
  • 監督:三浦大輔
  • 出演:佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、山田孝之他
  • 概要:成り行きで就活の情報交換の為に集まった5人。海外留学の経験や人脈を武器に就活に立ち向かっていく彼らだったが…

評価:8/10
オススメ:心臓の強い就活経験済みのSNS時代に生きる20代の若者だけが観ることを許される

原作は「桐島、部活辞めるってよ。」の朝井リョウが最年少で直木賞を受賞した小説です。

この映画は

  • 就活
  • SNS
  • 意識高い系

と3つの「恐怖」が襲い掛かってきます。表現間違ってない。
要は大学時代に少しでも後ろめたさ的なものを持っていた人がもれなくトラウマスイッチを踏み抜かれる素晴らしい作品となっています。

あと20代以外の方は残念ながらほぼ例外なくお呼びでないです。
それぐらい刺さる世代は限定されてます。そういう意味でも万人受けは全くしません。

※以下、ネタバレ
※いわゆる意識高い系の人達に対して辛口です

続きを読む →

スポンサーリンク

「世界から猫が消えたなら」感想-失って気づく大切なもの

今日は「世界から猫が消えたなら」を紹介します。


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/5/14
  • 上映時間:103分
  • 監督:永井聡
  • 出演:佐藤健、宮崎あおい、濱田岳、奥野瑛太、石井杏奈、奥田瑛二、原田美枝子
  • 概要:余命が僅かになった僕(佐藤健)の目の前に突然同じ姿をした悪魔(佐藤健)が現れる。悪魔に本来は明日僕が死ぬこと、そして世界から彼が指定するものと引き換えに寿命が1日伸ばせると告げられる。

評価:9/10
オススメ:心浄化されたい人

最近は猫映画が増えてきているらしいですね。数年前「DOG POLICE」や「わさお」といった犬映画が量産された年がありました。まぁ、ほとんどク◯映画だったのですが…(「星守るいぬ」はよかった)

そんなわけで動物大フィーチャー映画はロクな思い出がないので、今回の映画は不安半分といったところでした。

半分希望を持てたのは東宝の名物プロデューサー川村元気が原作である事と永井聡監督であるということ。
川村元気は数々の地雷映画を生み出す東宝の中では圧倒的当たり映画を量産している方で「電車男」、「悪人」から近作では「バケモノの子」、「バクマン。」なんかも彼のプロデュースです(本作はキャスティングのスタッフとして参加)。
永井聡は元々CMディレクターだったのですが、長編映画監督としてのデビュー作「ジャッジ!」が個人的にドツボ(世間的には作中のギャグが受け入れられるかで意見が分かれた)だったので、凄く注目してた監督の一人でした。

あ、ちなみに舞台挨拶も行ってきたのですが、佐藤健君がとにかく天使だった(真顔
最後に舞台挨拶で健君が明かしてくれたあるネタも紹介します。

※以下、ネタバレあり

続きを読む →