「AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~」感想-中二病は現実世界で生きれるのか

突然ですが、皆さんは中二病はご存じですか?
中学二年生位の時に発症する妄想だとかなんだとかの総称で、黒歴史だけど誰もが(重軽傷別にして)発症したことがあるはずです。

最近のアニメではだいたい一人ぐらいこの手のキャラが出てきますが、フィクションの世界だからか普通に馴染んでたりしますよね。
それが現実に実際いたとしたら…いじめられたり避けられたりしますよね。
普通のアニメではこの辺には触れないのがお約束になっています。

でも、その校内のカーストに本当に中二病が放り込まれたらどうなるのか…
今日はそんな世界を描いてしまった映画「AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~」を紹介します。


  • 製作年:2013
  • 公開日:2013/4/13
  • 上映時間:82分
  • 監督:岸誠二
  • 声の出演:島崎信長、花澤香菜、井上麻里奈、明坂聡美、金元寿子、木村良平、安元洋貴、小林由美子、水島大宙他
  • 概要:佐藤一郎(島崎信長)中学時代に中二病のためにイジメを受け、高校生活を普通に過ごそうとし無事高校デビューを果たす。ある夜、忘れ物を取りに戻った学校で自称”青の魔女”佐藤良子(花澤香菜)と出会う。この出会いから彼の立場は一変する…

評価:7/10
オススメ:青春映画好きな方、かつて中二病だった人(現在進行形の人も含む

田中ロミオのライトノベル「人類は衰退しました」のアニメと原作者及びスタッフは全く同一で作られています。
人退がほのぼの日常系の皮を被ったブラックコメディだったのに対し、本作はファンタジーの皮を被った青春モノです。

本作は中二病を取り扱ったアニメでありながらリアル要素を含んでいるせいで、
中二病が好きな人の方がダメージを受けやすいというとんでも映画です。

※以下珍しくネタバレほとんど無し

続きを読む →

「劇場版 デート・ア・ライブ 万由里ジャッチメント」感想-万由里ィィィ(発狂

そう、また、なんだ。
アニメ映画の感想全然書いてない気がしてきたんだ。
確かに日にち的には結構空いてたけど、記事の数的にはそんなことはなかってですね…もっと更新頑張ります。

さて、今日は先日BDが発売となった「劇場版 デート・ア・ライブ 万由里ジャッチメント」の紹介。
既に記事のタイトルがおかしい…

本作はテレビシリーズの完全続編になっているのでテレビシリーズを観ておかないと多分楽しめませんのでご注意。
気になる方は是非この機会にテレビシリーズ観るのをオススメします。
私は原作ファンでテレビアニメも観てきたので、公開当時は超ワクワクしました。


  • 製作年:2015
  • 公開日:2015/8/22
  • 上映時間:73分
  • 監督:元永慶太郎
  • 声の出演:島崎信長、井上麻里奈、富樫美鈴、竹達彩奈、野水伊織、真田アサミ、内田真礼、ブリドカットセーラ恵美、茅原実里、雨宮天他
  • 概要:ある日五河士道(島崎信長)の住む天宮市に霊波を発する謎の球体が出現した。霊波が今まで力を封印してきた精霊達のものと似ていることから、彼女たちとデートをすることに。そして、時を同じくして謎の少女(雨宮天)が現れる…

評価:3/10(期待どころを間違えて無事に死亡)
オススメ:デート・ア・ライブのファン

またこの流れかよ!

そもそも「デート・ア・ライブ」を知らない方に簡単にご説明を。
街を滅ぼす力を持った精霊達を封印する力を手に入れた主人公の五河士道。
ちなみに封印の方法はなんとキス!
→キスする為に精霊達とデートをして好感度を上げる(=デレさせる)というお話です。
ベタですね。そこが大好きです。

今回の目玉は新しい精霊・万由里が出るというところ。(ポスターの中央上)
もうね、ヴィジュアルが既にデート・ア・ライブのキャラの中でも群を抜いてかわいんですよ。 (よしのんは別格)
しかもいま話題の雨宮天さんが声を当ててくださってます!
デート・ア・ライブは今までゲームも何本か出しているのですが、毎回ゲスト声優がいて、花澤香菜→三森すずこ→佐倉綾音と売れ線を地で行くキャスティングのゲスさが好きでした。
今回もまさに!ですね。ハラショー。
ほらね、こうなってくると彼女とのデートを期待するじゃない!どんなデレ方するか期待するじゃない!

…て思って劇場行って見事に爆死した管理人がこちらになります。
思わず去年のワースト映画ランキングぶち込むし、1点にしようとも思いましたが、
改めて特典小説読んで若干溜飲を下げた感じです。それでもやっぱり許せない。
特に彼女の事を思うと切なくなります。

そういえばデート・ア・ライブっていつから感動路線になったんだ?

ちなみに、本当に点数が低い理由は「おまけ」に記しました。

※以下ネタバレしかありません。
※ファンの方には不快な表現がある場合がございます。予めご了承ください。 

続きを読む →