「何者」感想―20代限定スーパートラウマ映画

こんにちは!
みなさん、就活ってされましたか?
多分もう二度と経験したくないと思った方は少なくないはず。私もそんな一人です(そう言いながらつい最近まで転職活動してましたが…)

そんな就活時代をもがき苦しんだ人を問答無用で地獄へ落とす何者」を紹介します。


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/10/15
  • 上映時間:98分
  • 監督:三浦大輔
  • 出演:佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、山田孝之他
  • 概要:成り行きで就活の情報交換の為に集まった5人。海外留学の経験や人脈を武器に就活に立ち向かっていく彼らだったが…

評価:8/10
オススメ:心臓の強い就活経験済みのSNS時代に生きる20代の若者だけが観ることを許される

原作は「桐島、部活辞めるってよ。」の朝井リョウが最年少で直木賞を受賞した小説です。

この映画は

  • 就活
  • SNS
  • 意識高い系

と3つの「恐怖」が襲い掛かってきます。表現間違ってない。
要は大学時代に少しでも後ろめたさ的なものを持っていた人がもれなくトラウマスイッチを踏み抜かれる素晴らしい作品となっています。

あと20代以外の方は残念ながらほぼ例外なくお呼びでないです。
それぐらい刺さる世代は限定されてます。そういう意味でも万人受けは全くしません。

※以下、ネタバレ
※いわゆる意識高い系の人達に対して辛口です

続きを読む →

スポンサーリンク