「劇場版 艦これ」感想ー救われた(色々と)

こんにちは。

今日は先日4D版の上映が始まって、気づけば終わった「劇場版 艦これ」の紹介です。


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/11/26
  • 上映時間:91分
  • 監督:草川啓造
  • 声の出演:上坂すみれ、藤田咲、井口裕香、佐倉綾音、竹達彩奈、東山奈央、野水伊織、日高里菜、タニベユミ、大坪由佳、中島愛他
  • 概要:水上スキーを楽しむ女の子鑑賞ムービー。

評価:7/10
オススメ:アニメ艦これを観た方

原作は誰もが知ってる戦艦大和や「この世界の片隅に」でちょっと話題にもなった重巡青葉といった軍艦を美少女化したゲームとなっています。

まず大前提としてテレビアニメ版の続編ではあるのですが、このテレビアニメ版、最終話まで観たアニメで最もク◯なアニメでした。文字通りの駄作です。

そんなわけで、見るかどうかもだいぶ悩んだ時期もありましたが、観た結果「救われた…」って思いましたね。多分テレビアニメで心が死んだ提督(艦これファンの事)もそう思ったに違いありません。

では、原作の部分からアニメ版の◯ソっぷり、そして艦これテレビ版を知らない方でも特攻できるような前知識から4D版(20作以上観た人間として他作品との演出の違いも)の感想まで色々と語っていきます。

最初は映画版のネタバレ無しで行くので、これから観ようって方も参考にしていただければと思います。

ちなみに映画は艦これのゲームさえやってればテレビアニメ版を飛ばして劇場版だけ観ておいたほうが多分幸せです。
(テレビアニメ版の地獄を経験してたからこその素晴らしさはありますけどね…)

※序盤はTVアニメ版のネタバレ、後半は劇場版のネタバレになります

続きを読む →

スポンサーリンク