「ちはやふる 上の句」感想-眩しい青春

こんにちは。
最近また映画館に足を運んでいたせいで紹介したい映画が多すぎるのが悩みです。
今日は「ちはやふる 上の句」を紹介。

「上の句」ってある通り、前後編ものなのですが、
今までの前後編と比べて本作だけで一つの映画として完成されているのがこの映画の最も優秀なところです。
なので、他の作品みたいに途中でぶった切られて評価しづらい事は一切ございません。
「下の句」観るかどうかわからないけど、とりあえず観てみるのは全然アリなのです。


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/3/19
  • 上映時間:111分
  • 監督:小泉徳宏
  • 出演:広瀬すず、野村周平、真剣佑、上白石萌歌、矢本悠馬、森永悠希、清水尋也、松田美由紀、國村隼他
  • 概要:幼なじみの千早(広瀬すず)、太一(野村周平)、新(真剣佑)の3人は、競技かるたを遊んでいたが、小学校卒業後離れ離れになってしまう。高校生になった千早は再会した太一と共に競技かるた部を作ることになる…

評価:9/10
オススメ:今青春まっただ中な中高生~元中高生の方まで

かくいう私も、「前後編ものはもう観たくないんだ…」という思いが強かったのです。
「進撃の巨人」みたいに前半がどれだけ良くても後編の出来がアレだとその映画全体がアレに見えかねないですし、
「ソロモンの偽証」みたいに前半で既にイマイチだと、後編どれだけ巻き返そうと前半のイメージが拭い切れないという欠点がありました(公開期間が開くから余計イマイチなイメージがこべりつく)。

それに前編は大体いいところで終わるので、観終わった後「後編を観てみないと評価しづらい」という問題が必ずつきまとっています。
ですが、本作はきちんと「上の句」だけで一つの映画として完成されているので、安心して観れます。

本当、この映画を勧めて頂いたTwitterのフォロワーさん達に感謝です。

※以下ネタバレ

続きを読む →