「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」感想―知ってる人にも知らない人にも新しい彼らの出会い

今年もポケモンの季節ですね。

いつもはTVシリーズの特別編という感じでTVの延長線上で楽しめる内容になっているのですが、20周年の今年はいつもと違います。

それはサトシとピカチュウの出会いの話をリメイクしたものだということ。

今日はそんな「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」を紹介。


  • 製作年:2017
  • 公開日:2017/7/15
  • 上映時間:98分
  • 監督:湯山邦彦
  • 声の出演:松本梨香、大谷育江、林原めぐみ、三木眞一郎、犬山イヌコ、本郷奏多、佐藤栞里、古田新太、中川翔子、山寺宏一、石塚運昇他
  • 概要:いつもいっしょにいたいから。

評価:9/10
オススメ:ポケモンを知る全ての方へ

もうね、少しでもポケモンかじったことある人はすぐ観た方がいいです。

これ勘違いして観る方多そうなので(鑑賞前の私も含めて)、最初に言っておきたいことが。
パット見最初のサトシ(松本梨香)ピカチュウ(大谷育江)の出会いのリメイクってわけで初期のポケモンアニメファン向けに見えます。
しかし普通に新しいポケモンもいるし、ついでに一緒に旅する人間が新キャラになってるのであくまでも今のポケモン環境で最初から作り直したのリブート作品に近いと考えてください。
なので初期の話を知らない方でも安心設計。
もちろんサトシのカントー地方での旅を知ってる人は感動できる要素がいくつも用意されているので必見です。

それからピカチュウとの出会いの部分はしっかりと描かれてますが、あくまでも序盤だけで、メインはサトシとホウオウの物語なのです。
多分20年もサトシ旅してきたんだからそろそろ出会わせてもいいよねっていうサトシや私達ポケモンファンへのご褒美ムービー的なものかもしれません。

※以下ネタバレ注意

続きを読む →

「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ」感想-真摯に向き合うこと

こんにちは。お久しぶりです。最近はもちろんポケモンGOにハマっております。
なので、今回は久々に映画、しかもビッグウェーブに乗って今年のポケモン映画を紹介!

ではまず今日はポケモン映画の紹介をする前に一つお知らせがあります。

大手映画レビューサイトのFilmarksさんでポケモン映画の特集があり、なんと私が5作+新作の紹介文を書かせていただきました!

特集記事はこちら

こういう機会をくださったFilmarks様には感謝感激でございます。ありがとうございます!

では改めて「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ」の紹介です。


  • 製作年:2016
  • 公開日:2016/7/16
  • 上映時間:97分
  • 監督:湯山邦彦
  • 声の出演:松本梨香、大谷育江、牧口真幸、梶裕貴、伊瀬茉莉也、林原めぐみ、三木眞一郎、犬山イヌコ、市川染五郎、中川翔子、松岡茉優、山寺宏一他
  • 概要:ポケモンマスターを目指すサトシ(松本梨香)達の前にボルケニオン(市川染五郎)が落ちてくる。ボルケニオンはマギアナを助けようとして落ちてきたのだった。マギアナをすぐに追いかけようとするボルケニオンだったがなぜかサトシが引っ張られていって…

評価:7/10
オススメ:ポケモンファンの皆さん

Filmarksでは制約上短いコメントだったこともあって、ブログではさぞ充実したレビューを期待される方もいることでしょう。
しかしながら、ブログを見たことある方ならわかりますが、基本的に作品の勢いとエロが大事とか言ってる万年少年みたいな人間ですからね…期待はしないでお願い。

しかもまともなレビュー記事書くの2ヶ月ぶりでもはやどう書いたらいいかもわかってないですからねぇ…

※以下、一応ネタバレはあるのでご注意

続きを読む →

「ハーモニー」感想-もはや哲学的な何か

アニメ映画のレビューが最近ご無沙汰な気がしたけどそんなことはなかった(挨拶)

さて、今日は現在青森(3月からの上映でした)、静岡、地元和歌山、そして沖縄という島根入れるといい感じで田舎サミットな感じのとこで上映中のアニメ映画「ハーモニー」の紹介。
全国公開は11月で私は全国公開時に新宿で観ました(当時は東京在住)


  • 製作年:2015
  • 日本公開日:2015/11/13
  • 上映時間:120分
  • 監督:なかむらたかし、マイケル・アリアス
  • 声の出演:沢城みゆき、上田麗奈、洲崎綾、榊原良子、大塚明夫、三木眞一郎、チョー、森田順平他
  • 概要:学生時代圧倒的なカリスマを誇っていた御冷ミァハ(上田麗奈)、そしてそれに共感した霧慧トァン(沢城みゆき)、零下堂キァン(洲崎綾)は社会に抵抗するため3人で自殺しようとするものの、ミァハ一人だけが死に、2人は助かる。13年後WHOの監査官になったトァンは謹慎中の日本でかつてのキァンに再会する。一緒に食事する2人だったが、突然キァンが「ごめんね、ミァハ」という言葉を残し自殺する。トァンは世界規模で起きた自殺テロに死んだはずのミァハの影を重ね事件を追う。

評価:8/10
オススメ:全ての人(ただし、精神的体力が残ってる時に)、ミステリー好きな方

この映画は去年鬱映画としても話題になりましたが、実際気分塞いでる時に観に行くと本当に精神が死にます(体験談)

にとり的ポイントは

  1. Project Ito
  2. トァンとミァハ
  3. 理想の世界とは

です。
以下解説です。
※ネタバレあり

続きを読む →