「白鯨との闘い」感想-「鯨」の意味するもの

アクセス数がなんと1日100人突破!(しかもユニーク数!)ありがとうございます!
Twitterの宣伝効果偉大ですな( ´ー`)
「ガラスの花と壊す世界」、地方でこれから公開するところも出てきてますし、まだ遅くないですよ!

さて、今日は先週公開された「白鯨との闘い」を紹介。


  • 原題:IN THE HEART OF THE SEA
  • 製作年:2015
  • 日本公開日:2016/1/16
  • 上映時間:122分
  • 監督:ロン・ハワード
  • 出演:クリス・ヘムズワース、ベンジャミン・ウォーカー、キリアン・マーフィー、トム・ホランド、ベン・ウィショー、ブレンダン・グリーソン他
  • 概要:名著「白鯨」の作者が取材で聞いた鯨との闘いを描く※ただし、鯨との闘いは前半のみ

評価:7/10(実話ベースの良作)
オススメ:名著「白鯨」 の裏側を知りたい方、ノンフィクションもの好きな方

有名な監督(らしい)ロン・ハワード監督最新作です。
「(らしい)」 と書いたのは私が全然彼の作品を知らないからです!(ドヤ
あ、「ラッシュ」は観ましたよ。個人的には大好きな作品です。

今回のにとり的ポイントは

  1. 名著「白鯨」の裏側にようこそ 
  2. 現実という名の苛酷さ
  3. 「鯨」が象徴するもの

です。
以下いつも通り解説。

続きを読む →