「マジカル・ガール」感想-奇跡も、魔法も、ないんだよ

こんにちは。
今日は最近になってようやく東京以外の地方上映が始まった「マジカル・ガール」を紹介します。


  • 原題:MAGICAL GIRL
  • 製作年:2014
  • 公開日:2016/3/12
  • 上映時間:127分
  • 監督:カルロス・ベルムト
  • 出演:ホセ・サクリスタン、バルバラ・レニー、ルイス・ベルメホ、イスラエル・エレハルデ、ルシア・ポジャン、エリザベド・ヘラベルト、ミケル・インスア、テレサ・ソリア・ルアノ他
  • 概要:魔法少女ユキコになりたかった少女の願いは思いもよらぬ展開へ…

評価:7/10
オススメ:日本人

本作の監督は「魔法少女まどか☆マギカ(以下まどマギ)」、「セーラームーン」に影響されて魔法少女ものを取り入れ(セーラームーンは厳密に言えば美少女「戦士」なのだが、オタク的談義は長くなるから割愛)、まどマギ、エヴァンゲリオンのストーリー展開に影響されたという日本の影響受けまくりの作品になっております。

実際、登場人物のニックネームが日本名だったり、長山洋子の「春はSA・RA・SA・RA」が劇中使われていたりしています。
江戸川乱歩の「黒蜥蜴」の影響を受けたシーンもあります。

まどマギのビジュアル面もストーリーも影響されていると聞けば一部の方から期待が上がるのは仕方の無いことです。
ただ、ぶっちゃけ魔法少女的な要素でいうとほとんど無いものだから、全然まどマギじゃない!ってお怒りの方もいますが、逆にまどマギっぽかったら色々困るわ!

それと、スペインの「闘牛」、「情熱」の部分に触れるシーンがあるのですが、まさにスペインのお国柄的な感じの展開がいいですね(特に終盤

※いつもよりネタバレ多し
※若干「魔法少女まどか☆マギカ」テレビ版及び、テレビ版総集編にあたる劇場版前篇、後篇のネタバレアリ。観てない方はこの機会に是非。(劇場版だけで楽しめます)

続きを読む →