「クリムゾン・ピーク」感想-壮絶愛憎劇

こんちには。
今日はこれまた書くタイミングを完全に見逃していた「クリムゾン・ピーク」の紹介です。
監督はあの「パシフィック・リム」のギレルモ・デル・トロ監督!


  • 原題:Crimson Peak
  • 製作年:2015
  • 公開日:2016/1/8
  • 上映時間:119分
  • 監督:ギレルモ・デル・トロ
  • 出演:ミア・ワシコウスカ、トム・ヒドルストン、ジェシカ・チャステイン、チャーリー・ハナム、ジム・ビーヴァー他
  • 概要:幽霊を見ることができるイーディス・カッシング(ミア・ワシコウスカ)は子供の頃、母が亡くなった際に「クリムゾン・ピークに気をつけろ」と母の霊から警告される。月日が経ち、イーディスはトーマス・シャープ(トム・ヒドルストン)という男と恋に落ちていた。ある日、イーディスの父親カーターが何者かに殺害され、それをきっかけにトーマスと結婚、トーマスの姉、ルシール(ジェシカ・チャステイン)と3人でトーマスの屋敷に住むことになる。その場所は「クリムゾン・ピーク」と呼ばれていた…

評価:6/10(昼ドラ好きなら…)
オススメ:ゴシックな雰囲気が好きな方、昼ドラ好きな方

美しいゴシック・ホラーを売りにされてますが、ホラーに美しさなんてあるか!ってのが元々の持論です。
そもそも本作は結構グロいので美しさなんて全然ないのですが…
R15だからエロだと思った?残念、グロでした!

グロもそうですけど、 それ以上に目立つのがドロドロした愛憎劇です。
どう見ても昼ドラです本当にありがとうございました。 

※以下ネタバレ含

続きを読む →

スポンサーリンク