「バック・トゥ・ザ・フューチャー」感想-ドキドキの未来旅行へ

今日は突然ですが昔の映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を紹介します。
昔の映画といっても、本作は未だ未来感輝く作品の一つだと思っております。
先日も観直したのですが、やっぱりいいんだなぁ…
※冒頭からネタバレ全開なので、もしまだ観てない人がいたら今すぐ映画を観るべし


  • 原題:Back to the Future
  • 製作年:1985
  • 公開日:1985/12/7
  • 上映時間:116分
  • 監督:ロバート・ゼメキス
  • キャスト: マイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド、リー・トンプソン、クリスピン・グローヴァー、トーマス・F・ウィルソン、クローディア・ウェルズ他
  • 概要:マーティ(マイケル・J・フォックス)は知り合いのドクことブラウン博士(クリストファー・ロイド)に夜中に呼び出される。夜マーティを待ち受けていたのはドクとデロリアンだった。このデロリアンはなんと世界初のタイムマシンだという。タイムマシンの実験を行うが、途中デロリアンの燃料・プルトニウムを狙ってテロリストが現れる。ドクは撃たれ、マーティもデロリアンで逃げるが途中タイムマシンが起動してしまう。マーティが着いたのは両親が出会う前の1955年だった…

評価:9/10(ワクワクが止まらない)
オススメ:SFが好きな方、ワクワクドキドキしたい方

もうね、正直どこ説明したらいいかわからないぐらいですよね。
以下、申し訳程度の解説。

続きを読む →