「マクベス(2015)」感想-風景は美しい

今日は「マクベス」を紹介します。


  • 原題:MACBETH
  • 製作年:2015
  • 公開日:2016/5/13
  • 上映時間:113分
  • 監督:ジャスティン・カーゼル
  • 出演:マイケル・ファスベンダー、マリオン・コティヤール、パディ・コンシダイン、デヴィッド・リューリス、ショーン・ハリス、ジャック・レイナー他
  • 概要:中世のスコットランド。将軍のマクベス(マイケル・ファスベンダー)と友人のバンクォー(パディ・コンシダイン)の前に魔女が現れ、「マクベスはコーダーの領主、そして王になる」、「バンクォーは子孫が将来王となる」と預言を告げられる。その直後マクベスは王・ダンカン(デヴィッド・リューリス)に褒美としてコーダーの領主に任命される。

評価:2/10
オススメ:原作が好きな方

だ・か・ら演劇をそのまま映画でやっちゃダメなんだって…!

実は元々の舞台を観たことがないので、純粋に初めて観た人間としての感想です。

個人的にはくどくどしたセリフ回しが気になってしょうがないのですが、そもそも「母と暮せば」で指摘した、舞台演劇っぽい演出が何よりも苦痛でした。

以下、そもそも演劇っぽい演出って?ってところからご説明します。

※以下、若干ネタバレあり

続きを読む →

スポンサーリンク