「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」感想ー誠実さが仇に

こんにちは。
今日は「マッドマックス 怒りのです・ロード」主演、「レヴェナント 蘇りし者」ではアカデミー賞助演男優賞にもノミネートされたトム・ハーディ主演映画「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」の紹介です。


  • 原題:LOCKE
  • 製作年:2013
  • 公開日:2015/6/27
  • 上映時間:86分
  • 監督:スティーブン・ナイト
  • 出演:トム・ハーディ、ルース・ウィルソン(声)、オリヴィア・コールマン(声)、アンドリュー・スコット(声)、ベン・ダニエルズ(声)、トム・ホランド(声)他
  • 概要:アイヴァン・ロック(トム・ハーディ)は二人の子供のいる幸せな家庭。仕事の建設現場監督としても大規模な工事を行うという順風満帆な生活を送っていた。しかし、一本の電話によってロックは過去に一度だけ関係を持った女性のもとに向かって夜のハイウェイを走る…

評価:7/10(もう笑うしかない)
オススメ:スリリングな展開が好きな方

この映画の凄いところはスクリーンに出てくるのはトム・ハーディ一人だけで、
全て電話による会話だけで本編が進んでいくのです。
流れる映像は車の中のトム・ハーディと時々車の外からの映像のみという斬新さです。

※以下ネタバレ

続きを読む →

スポンサーリンク