「ショート・ターム」感想-優しくなりたい

こんにちは。
以前自己紹介でも語っていた映画オフ会「映画について語ろう会」。
実はその中でシネマレコメンドというコーナーがあり、初参加ですが、図々しくも映画を勧めて頂きました。(3人目が私です)

それから何本か観た映画はあるのですが、ちゃんと感想を述べてなかったので、大変申し訳なかったです。
今さらではありますが、ブログ本格始動し始めたこの機会に紹介したいと思います。

今日はその中の1本「ショート・ターム」をご紹介します。


  • 原題:SHORT TERM 12
  • 製作年:2013
  • 公開日:2014/11/15
  • 上映時間:97分
  • 監督:デスティン・ダニエル・クレットン
  • 出演:ブリー・ラーソン、ジョン・ギャラガー・Jr.、ケイトリン・デヴァー、キース・スタンフィールド、ラミ・マレック他
  • 概要:10代の子供達を保護する「ショート・ターム12」で働くグレイス(ブリー・ラーソン)と同僚でボーイフレンドのメイソン(ジョン・ギャラガー・Jr.)の間に子供ができた。しかし、グレイスはメイソンに打ち明けることができずにいた…

評価:7/10
オススメ:心が荒んだ人

この作品もあまり言葉で表すのが難しいところですが、「観終わった後優しくなれる」映画だと思ってます。
この映画、勧めて頂いた直後に観て以来2回目なんですけど、本当に言葉にするのが難しい良さがあります。
それは多分今まで、そして今に至るまでに出会ったことのないジャンルだからだと思ってます。

※以下微妙にネタバレ

続きを読む →