「レヴェナント 蘇えりし者」感想-レオ様 meets クマさん

こんちには。
今日は「レヴェナント 蘇えりし者」を紹介します。
初日に観に行ったのに今さらな紹介になってるのはここだけの話。


  • 原題:THE REVENANT
  • 製作年:2015
  • 公開日:2016/4/22
  • 上映時間:157分
  • 監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ
  • 出演:レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディ、ドーナル・グリーソン、ウィル・ポールター、フォレスト・グッドラック他
  • 概要:一人の男の一大復讐劇

評価:6/10
オススメ:レオ様ファン

「テラフォーマーズ」が過剰に叩かれてる真逆で、この作品は過剰に持ち上げられすぎな気がしますが、そう思うのは私だけでしょうか(´(ェ)`)

この作品の特徴は既に語り尽くされたクマさん登場シーン。
インパクトは凄いし、どうやって撮影してるのかとかレオ様の演技すげぇ!ってなるのは確かです。
しかし、2時間半以上ある作品では序盤に出てくる彼(?)はあくまでオマケでしかないのです。

本作はとにかく「苛酷、残酷、酷酷酷…」の「酷」を描き切った作品です。
その中で、レオ様の演じるヒュー・グラスの復讐、そしてその先を描いた作品です。

本作の音楽を坂本龍一が担当していることでも有名になりました。

それにしても、これが脚色されてるとはいえ実話ベースとは…

※以下ネタバレあり

続きを読む →

スポンサーリンク