「ダンケルク」感想―極限状態

こんにちは。

余談ですが9月に大阪で開催された「映画ファンの集い」に参加してきました。
知らない方にざっくり説明すると毎月東京で行われている映画系オフ会ではおそらく日本一の規模を誇るやつです。
そんな映画ファンの集い人生初参加です。3年東京にいたのに。詳しくは話脱線しちゃうからTwitterとか見てね!

で、やっぱり話題だったのが「ダンケルク」です。
大阪はレーザーIMAXのお膝元とあって参加者の方でもかなりの方がレーザーIMAXで観てました。
中には2ケルク3ケルクしてる方も(表現に対しツッコんではいけない)

そんな本作をご紹介。何気に映画のレビュー記事は約3ヶ月ぶりですかそうですか…


  • 原題:DUNKIRK
  • 製作年:2017
  • 公開日:2017/9/9
  • 上映時間:106分
  • 監督:クリストファー・ノーラン
  • 出演:フィオン・ホワイトヘッド、ハリー・スタイルズ、ケネス・ブラナー、キリアン・マーフィー、マーク・ライランス、トム・ハーディ
  • 概要:99分間ずっと緊迫状態。

評価:10/10
オススメ:最近ドキドキが足りない現代人

本当にこの映画はすごいんですよ。

まぁ致命的な欠点を抱え込んでいましたけど、そこは少なくとも私の観た環境では問題なかったので個人の点数としては満点。ということで。

あと「インセプション」、「インターステラー」と既に好きだったクリストファー・ノーラン監督のことますます好きになりました。「ダークナイト」シリーズも観ないとな…

※以下ネタバレ注意。でもぶっちゃけ作品自体にネタバレというネタバレがあまり無いかも…

続きを読む →

スポンサーリンク