「アンストッパブル」感想-暴走列車を止めろ

今日は先日久々に観た「アンストッパブル」の紹介です。


  • 原題:UNSTOPPABLE
  • 製作年:2010
  • 公開日:2011/1/7
  • 上映時間:99分
  • 監督:トニー・スコット
  • 出演:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン、ケヴィン・ダン他
  • 概要:人為的ミスにより大量の化学薬品を積んだ列車が暴走。このまま脱線、爆発すると一つの街が吹き飛ぶ威力があるという。ベテラン機関士のフランク・バーンズ(デンゼル・ワシントン)と若い車掌のウィル・コルソン(クリス・パイン)は列車を追いかけ、連結・後ろからブレーキで引っ張ろうとする。暴走列車の先には大曲のカーブが控えている。果たして彼らは追いつくことはできるのか…

評価:8/10(実話ベースのハラハラアクション)
オススメ:アクションが好きな方、実話モノが好きな方

実際に起きた事故をベースにアクション強めにした作品になってるので、実話ものって眠くなる…って方にも安心してオススメになっています。

公開当時は割と中高年の方が多めだったので、自分みたいにクリス・パイン目的で行くような人少なかったんだろうな…
まぁ、あくまでも主演はデンゼル・ワシントンですもんね、うん。

続きを読む →

スポンサーリンク