「キャロル」感想-純粋な愛の物語

こんにちは。
マネー・ショート」の記事がやっと完成したことで今回ようやく「キャロルを語ることができます。

最初に一言言うなら、こんなくだらないレビュー読む前に今すぐ本作を観るべきだ。


  • 原題:CAROL
  • 製作年:2015
  • 公開日:2016/2/11
  • 上映時間:118分
  • 監督:トッド・ヘインズ
  • 出演:ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ、サラ・ポールソン、カイル・チャンドラー、ジェイク・レイシー、ジョン・マガロ他
  • 概要:1952年のニューヨーク。クリスマスシーズンのデバートのおもちゃ売場でアルバイトをしているテレーズ・ベリベット(ルーニー・マーラ)は娘のプレゼントを探すキャロル・エアード(ケイト・ブランシェット)と出会う。テレーズはキャロルに魅了されながらもプレゼントを勧め、購入してもらう。その後キャロルが手袋を忘れているのに気づき郵送する。後日テレーズはキャロルからお礼に食事に誘われて…

評価:10/10(同性関係なく純粋なる恋物語)
オススメ:全員

本作は観る予定が全く無かったのですが、Filmarksにあった大好きなイラストレーター・ぐみちょこさんのレビューを観て
これは観なければ!と思っていました。
ただ、待てど暮らせど和歌山で公開する気配は無く…
そんな時、大阪に行く機会がありなんとか鑑賞にこじつけることができました。

もうね、本当に観てよかったです。

観たTOHOシネマズ梅田は昔からの設備なので、観る前は文句も言ってたりしたのですが、その古臭さが本作の雰囲気に見事にマッチしてしまったという奇跡も起きました。

本作は同性愛を取り扱ってることで映画ファンの間では話題になりましたね。
また、ちょうど公開のタイミングでWHOが映画へのタバコの規制をぶちかましたのも話題になりました。
…ですが、話題になった割には現状観てる人が多いとは思えないです。

本作最大の魅力はテレーズの圧倒的メインヒロイン力だと思っています。
ルーニー・マーラが「ドラゴン・タトゥーの女」と同じく主人公にひたむきな好意を持つヒロインを好演しています。
作中でキャロルが言った通り本当、「空から落ちてきた天使」かと思うレベルですね。

※以下、ネタバレ解説

続きを読む →

スポンサーリンク

「マネー・ショート 華麗なる逆転劇」感想-華麗なるタイトル詐欺

こんにちは。
今日は「残穢」、「ブラック・スキャンダル」以来1ヶ月以上ぶりの公開したばかりの新作です。
アカデミー賞脚色賞を獲った「マネー・ショート 華麗なる大逆転」です!


  • 原題:The Big Short
  • 製作年:2015
  • 公開日:2016/3/4
  • 上映時間:130分
  • 監督:アダム・マッケイ
  • 出演:クリスチャン・ベール、スティーブ・カレル、ライアン・ゴズリング、ブラッド・ピット、メリッサ・レオ、ハミッシュ・リンクレイター、ジョン・マガロ、フィン・ウィットロック他
  • 概要:投資家のマイケル・バーリ(クリスチャン・ベール)は、不動産証券を調べていく中で、サブプライム・ローンが数年以内にデフォルトする可能性があることに気づく。彼はCDAという金融取引に目を付ける…

評価:8/10(華麗ではない)
オススメ:経済やリーマン・ショックに興味のある方、テンポのいい映画が好きな方

原作はマイケル・ルイス。私の好きな映画である「しあわせの隠れ場所」や「マネー・ボール」の原作者でもあります。
最初っから期待しまくりです。

この映画、経済用語がガンガン飛び交っているのが特徴。
途中ジャグジーに浸かる美女や、ジェンガちっくなものを使って説明してくれるので、これで理解できる人もいるのですが、ここでわからないとちんぷんかんぷんになってしまいます。
あと、経済用語抜きにしてもテンポがかなり早いので、自分みたいに経済学部出てて経済用語がわかってても油断すれば振り落とされるレベルです。

一方で、経済用語さっぱりだったけど雰囲気だけでどういう感じで進んでいるかわかるっていう方もネットでそれなりに見かけるので、実はこの映画考えるな感じろ系なのかもしれません。

※以下ネタバレ&長文

続きを読む →