「ブラック・スキャンダル」感想-恐怖のお食事会

こんにちは。
今日のアメリカの歴史を伝える、の時間です。
(当ブログ、始まってからアニメ映画か実話ベースの洋画しか紹介してない…)

今日の洋画なんですが、映画を観終わってもまだ実話というのが中々受け入れれない状態です。背筋が凍りました。
そんな「ブラック・スキャンダル」を今回紹介します。


  • 原題:BLACK MASS
  • 製作年:2015
  • 日本公開日:2016/1/30
  • 上映時間:123分
  • 監督:スコット・クーパー
  • 出演:ジョニー・デップ、ジョエル・エドガートン、ベネディクト・カンバーバッチ、ケビン・ベーコン、ジェシー・プレモンス、ダコタ・ジョンソン、コリー・ストール、ロリー・コクレイン、デイビット・ハーバー他
  • 概要:コノリー(ジョエル・エドガートン)はマフィア浄化に取り組むFBI捜査官。彼が手柄を挙げるために幼馴染で地元ギャングのジェームズ・バルジャー(ジョニー・デップ)に情報屋として手を組むのだが…

評価:8/10(こ・わ・い♡)
オススメ:ジョニー・デップが好きな方、スキャンダルとかお好きな方、斎藤さんみたいな頭皮の気になる方

今日のにとり的ポイントは

  1. ジョニー・デップ恐怖の食卓
  2. ジョエル・エドガートンのクズさ
  3. ベネディクト・カンバーバッチ様の活躍…

です。
だんだん適当になってる気がするかもしれませんが、そんなことない…はず!

続きを読む →