「フィフティ・シェイズ・ダーカー」感想ーもうお前ら勝手にやってろ!

突然ですがみなさん「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」という映画をご存知ですか?

海外で大人気の官能小説の映画化でしたがイマイチな脚本と主にジェイミー・ドーナンの演技で海外でも不評、なんとラジー賞で最低作品賞、最低主演男優賞、最低主演女優賞、最低スクリーンコンボ章、最低脚本賞と5部門も受賞。すごいな、「ジャックとジル」かよ。そりゃ「TED」でネタにされるわな。

閑話休題。

ただでさえアレなのに日本では真っ黒クロスケで一部表現を規制したR15版として公開しますます不評でした。

ちなみにこれ、海外で修正されたものをそのまま上映していたとか。日本ならもっと上手くやるよ多分。

この頃ちょうどアニメ版「テラフォーマーズ」でも真っ黒クロスケ出現し「また真っ黒クロスケのお世話にならないといけないのか…」と、ゲンナリしていた私でしたが、そんなところにR18版の上映が決まり嬉々として観に行きました。レディースデーに。TOHOシネマズ日本橋の女性ばかりのスクリーンのど真ん中の座席にいる男。それが俺。

「ガール」の時も同じシチュエーションでしたが、この手の映画では…まぁでも全然エロく無かったし、むしろどこに真っ黒クロスケの出番があったのか教えて欲しい。マジで。

まぁそんな色んな思い出のある本作ですが、私の2015年のワースト10には残念ながら入りませんでした。あの年はワースト側に精鋭が集まった事故の年なので。

さて、そんな続編「フィフティ・シェイズ・ダーカー」です。日本公開が決まる前はTwitterでビデオスルーになるというデマを流してた人間いたのですが、そいつのアカウント思い出してこれから殴りに行かなければなりません。無事に公開されてよかったです。


  • 原題:FIFTY SHADES DARKER
  • 製作年:2017
  • 公開日:2017/6/23
  • 上映時間:118分
  • 監督:ジェームズ・フォーリー
  • 出演:ダコタ・ジョンソン、ジェイミー・ドーナン、リタ・オラ、キム・ベイシンガー、マーシャ・ゲイ・ハーデン他
  • 概要:5分に一回合体(雑

評価:6/10
オススメ:気になった人だけ観るがよろし

※個人的好みとしては10点とか0点(バカ映画)に並ぶぐらい好きだけど、冷静に考えるとこの点数

さぁ「前作からパワーアップ」という事でもう男としてはアッチ方面のパワーアップしか期待してない訳ですよ(ゲス顔
実際蓋をあけるととんでもない方向にパワーアップしちゃいましたね。

ハードルは一切持たずに行ったので、普通に楽しかったです。こういう頭悪い映画好きです。「5分に1回胸キュン」を謳った「ピーチガール」の宣伝文句借りるなら「5分に1回合体」なわけですね。抜きゲーかな。

※以下ネタバレあり

続きを読む →

スポンサーリンク