「マネー・ショート 華麗なる逆転劇」感想-華麗なるタイトル詐欺

こんにちは。
今日は「残穢」、「ブラック・スキャンダル」以来1ヶ月以上ぶりの公開したばかりの新作です。
アカデミー賞脚色賞を獲った「マネー・ショート 華麗なる大逆転」です!


  • 原題:The Big Short
  • 製作年:2015
  • 公開日:2016/3/4
  • 上映時間:130分
  • 監督:アダム・マッケイ
  • 出演:クリスチャン・ベール、スティーブ・カレル、ライアン・ゴズリング、ブラッド・ピット、メリッサ・レオ、ハミッシュ・リンクレイター、ジョン・マガロ、フィン・ウィットロック他
  • 概要:投資家のマイケル・バーリ(クリスチャン・ベール)は、不動産証券を調べていく中で、サブプライム・ローンが数年以内にデフォルトする可能性があることに気づく。彼はCDAという金融取引に目を付ける…

評価:8/10(華麗ではない)
オススメ:経済やリーマン・ショックに興味のある方、テンポのいい映画が好きな方

原作はマイケル・ルイス。私の好きな映画である「しあわせの隠れ場所」や「マネー・ボール」の原作者でもあります。
最初っから期待しまくりです。

この映画、経済用語がガンガン飛び交っているのが特徴。
途中ジャグジーに浸かる美女や、ジェンガちっくなものを使って説明してくれるので、これで理解できる人もいるのですが、ここでわからないとちんぷんかんぷんになってしまいます。
あと、経済用語抜きにしてもテンポがかなり早いので、自分みたいに経済学部出てて経済用語がわかってても油断すれば振り落とされるレベルです。

一方で、経済用語さっぱりだったけど雰囲気だけでどういう感じで進んでいるかわかるっていう方もネットでそれなりに見かけるので、実はこの映画考えるな感じろ系なのかもしれません。

※以下ネタバレ&長文

続きを読む →

スポンサーリンク